かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

遊園地

3月14日のことですがバルセロナにある遊園地
「TIBIDABO」へ行きました。

a0048817_139830.jpg


朝起きると快晴の土曜日。

午前中は学校見学の予定が入っていましたが
それで終わるにはもったいない土曜日!

インターネットでチケットをチェックすると
のり放題チケット25ユーロ(これは高い!)以外に
乗り物は限られるけれど11ユーロの入場券があることがわかりました。

この値段なら「行く気になる!笑」ということで
友達に声をかけ一緒に行ってきました。

a0048817_1352199.jpg


こんな素敵な風景がこの遊園地から見えます。
これだけでも行った価値があります!

最初子供達は乗り物よりも走り回ることに集中して
同じところをグルグル回っていました(やれやれ・・・汗)

a0048817_1415078.jpg


一体何周したのか?
その場を離れたがらないので私達はコーヒーを買ってきて
見張りなが飲んで、しばらく黄昏ていました(笑)

何もなくても120%楽しめるなんて恐るべし子供!
尊敬します(笑)

その後は・・・

小娘ちゃんはお父ちゃんとメリーゴーランドを一緒に乗りました。

a0048817_201327.jpg


私はちょっぴり高所恐怖症なので怖くて乗れない乗り物もありました。
この遊園地が山の上にあるため下にバルセロナの街が見渡せて綺麗なのですが
乗り物の上から見るこの風景が怖いのですよ・・・(汗)

a0048817_241644.jpg


a0048817_253429.jpg


大人チームが乗りたいというので私は子供達の見張り番やる!と言って
待っていました(笑)

時間にしたらたった4時間程度しかいませんでしたが楽しい時間を過ごせました。

小さい子供達用の小さい乗り物コーナーや遊び場があります。
もう少し大きい子にはちょっとしたアスレチック風な大きな滑り台がありました。

期待しないで行ったわりには「この遊園地いいぞ!また来るぞ!」と
私は嬉しい気持ちになりました。

2歳児にでも十分楽しめる遊園地でした。
a0048817_2111436.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2009-03-31 02:14 | 子育て

春だと思ったのに・・・

今日は3月30日(月)

久しぶりに寒いです。

週末はバルセロナは雨でした!
先週は晴れで暖かい日が続いたのに週末は雨。
けっこう降った。

特別な予定も入れずにゆっくり過ごしました。

家の中のがらくた整理をしたり、
再来週に北スペイン方面を旅するので
レストランチェックに燃え、小娘ちゃんが昼寝中には
Youtubeで江原啓之さんの天国からの手紙という
番組にはまってしまい涙・涙・涙しました。

突然の不幸で家族を失った遺族達が
故人は今どんな思いでいるのだろうか?
どんなことを家族に伝えたいのだろうか?
ということを江原先生に相談する番組。

江原先生が故人の気持ちを「手紙」という形で
残された遺族へメッセージを伝えます。

幼い子を残して逝ってしまった若いお父さんやお母さんの物語
逆に幼児が逝ってしまった物語
いろいろな方のお話がありましたが
「死」は予期せずにやってくるものであり、
またそれがその人の寿命だったりする。

どうして「今」?どうして「この人が」?ということで
悲しい話ですが、遺族が前向きに生きていこうと
立ち止まっていた場所や時間からもう一度頑張って生きていこうと
する話で同時に感動的でした。

私は魂の話や生まれ変わりとかいう話には興味があるので
このての番組は興味深いです。
全く信じない人もいるでしょうしね。
信じるか信じないかはその人の自由。
受け止め方でどんな風にも考えられるから面白いのかも。

考え方1つで前向きになれるのならそれで良いのでは
ないかと思います。

私は番組を見てあ~当たり前の毎日がとても恵まれていて
幸せなことなんだ!と改めて実感しました。
そして周りの人々に感謝です。

健康でいて笑顔でいられればそれが一番。
こんな不況の世の中、仕事があるだけ幸せ。
愚痴こぼさず頑張らないと。

いろいろなことを考えた週末でした。
[PR]
by cafeteriario | 2009-03-31 01:20 | RIOのひとり言

学校見学その4

3月14日(土)またまた学校見学へ行って来ました。

ここは近所では評判が良いといわれている半私立の学校です。
(家から近いので30ポイント付く学校)

3歳から18歳までのコースがあり、さらに専門学校もあるというマンモス校。
全校生徒が約2400人ですって。

ここの学校は日本の学校のような大きな校舎で敷地も広い。
建物も大きく3つに分かれているし、校庭も小さい子用が分けてあります。

大きい学校だけに組織がしっかりしているし、設備もしっかりしている印象でした。

校庭の日当たり良好!!!(これは嬉しい)

ただし!カトリック。

一番最初に校内にある大きなホールで校長先生からの学校説明を聞きました。

強調していたのが「カタランの学校であること」「カトリックの学校であること」

まぁ説明を聞いたところであまりピーンとこない。
私立系の学校はカトリックのところが多いらしい。
はっきり言って私にはよくわかりません。

校内にカピージャ(お祈りとかする教会みたいなお部屋)
があったし、小さい子供達はカピージャには行かないそうで、
カピージャに代わる別の部屋がありました。
きっとカトリック系の宗教行事とか熱心に行われるのでしょうね。

学校を見れば見るほど、どうやって学校を選んだらいいのだろうか?
って思います。

宗教色が強い学校へ行ったからといって敬けんなカトリック信者になるわけでは
ないみたいだし・・・そういう意味では基本「宗教は自由」なんだろうか?

でも校長先生、その後話しをした3~5歳クラス担当のディレクトールも
雰囲気は保守的な堅い雰囲気のクラッシックな感じの人達でした。
(これは個人的な勝手な印象です)

この学校は人気があるそうで、兄弟がいない人はポイントが低いし入れない可能性大。
3歳のクラスは1クラス25人で3クラスあるそう。

今年の学校見学はこれで終了。
参考までに4つ見ました。

これからは時間がある時にHPをチェックしたりしようと思います。
エリア外の学校を見に行っていないけど情報を集めて来年に備えたいです。

本当はバルセロナ市中心で学校を探したい・・・・通勤途中なので・・・・
なぁ~んてこれは親の勝手な注文。だめかなぁ・・・
サグラダファミリア周辺の学校はチェックしたいです。

あまり悩まないで明るく前向きに学校選びに望みたい!!!
できるだろうか?っていうのが今の本音だけれど、
「なるようにしかならない!」
悩まないように明るくがんばるぞ!
[PR]
by cafeteriario | 2009-03-16 05:20 | 子育て

3月のビーチ

先週の日曜日3月8日でしたが
晴れて気持ちの良い日だったのでインダ君の地元
BADALONAのビーチへお散歩してきました。

お友達のイングリッドも偶然ビーチへ行くというので
急遽待ち合わせをして一緒に砂遊びをしてきました。

因みにイングリッドもおばあちゃん・おじいちゃん宅が
BADALONAです。

a0048817_16544073.jpg


後ろにいる家族は知らない人です(笑)
二人の子供が仲良く遊んでいる隣でご夫婦は読書。
ゆったりした空気が流れていて素敵な光景でした。
あ~日曜日の午前中って感じ。

a0048817_16563538.jpg


イングリッドは綺麗な服装のまま砂遊びしていましたが
小娘ちゃんはこの大きなセーターとズボンの中はワンピースを着ています(笑)
写真ではわからないけれど、おしりがモコモコと笑える姿をしていました。
ごめんよ~小娘ちゃん!汚れてもいい服を持参したかあちゃんを許してね。

a0048817_1711437.jpg


晴れた日は外へ行きたくなりますね。
春がすぐそこまでやってきています。
っていうか晴れると暑いしすでに冬終わっている!?
[PR]
by cafeteriario | 2009-03-15 17:03 | 気ままな日常

校庭ってどこまで大事なの?

最近のお友達との会話は「学校見学」や「学校」のことばかり。

互いに不安だから今年から見学を始めていろいろ情報交換をしています。

話題にあがったのが「校庭」

バルセロナ市内の学校は日本の小学校と違って

大きな体育館・プール・広い校庭

なぁ~んてある方が少ないのでは?という様子。

きっとあるだろうけど、前回ブログに書いたような日の当たらない校庭だったり、
屋上にフェンスをはってそれらしい場所を設けている学校がよくあります。
街中だから仕方ないけど、日本人の私の感覚からしたら
やっぱり広い校庭でおもいっきり走り回るという光景を思い描いてしまう。

そして土の校庭で小娘ちゃんを遊ばせてあげたいなぁ~んて
思っちゃったりしてね。

校庭だけ見て学校を選べないし、ポイントがつく学区域にたまたま
広い校庭を持っている学校が入っていなければ必然的に
「なし」になってしまうだろうし。

どこまで妥協するべきなんだろう?
どれだけ大事なんだろう?

って疑問がわきます。

こんなことを考えていたら朝日テレビのレポーター兼デレクターの方が
書いた記事に出会いました。

宮嶋泰子さんのページ

テーマは運動能力の発達と脳の発達の関連
なんだけれど面白いことがいろいろ書いてあります。

やっぱりおもいっきり運動できる環境は大事なんだろうなぁと再確認。

どこの学校でも広い校庭があるわけではないから理想と現実が離れている。

難しいなぁ。
[PR]
by cafeteriario | 2009-03-08 16:56 | 子育て

学校見学その3

2月28日(土)うちから一番近い学校を見学してきました。
インダ君初学校見学です。

ここは徒歩5分にあるコンセルタド

とても近いし良いのですがお庭の条件が悪い。

通りから少ししか覗けないけれど
この学校は通るたびに庭は絶対に日陰だよなぁと思っていたところです。

校内を自由に見学し、その後小さいグループごとに先生が実際の教室で
詳しい学校説明をしてくれました。

やっぱりお庭はマンションに囲まれた中にあって
頭の上は住人のベランダ。洗濯物が干してあるのが丸見え。
鳩もきていたりして黴菌が心配されます。

日が当たる時間帯があるのか?
疑問を持ってしまいます。
(後ですっかり忘れてこの点を質問すること忘れてしまいました)

先生は熱心にいろいろなことをわかりやすく説明してくれて好印象。

あっ因みに他の人がスペイン語で説明するよう頼んだので
スペイン語ですべて説明してくれました。

教室もとても綺麗で1クラス25人。
各学年とも5歳までは1クラス25人の1クラスのみ。
小さい規模の学校で私好み(笑)

お庭以外の部分は全体的に好印象な学校でした。

今回は他のお母さん達の質問が面白かったです。

その中でおいおい、と思った可笑しな質問が
「3歳でまだ自分でジャケットを着ることができない子には先生が
助けてくれますか」

先生は「もちろんです」

このお母さん「着ることができない子はそのまま寒い冬でも着ないままで
外に出されてそのままにされるって聞いたので・・・」

あり得ないだろう!

先生目が点になっていました(笑)

これら質問を通して参考になることがたくさんありました。

たとえば3歳児のクラスはお昼寝するけど4歳からはないとか、
プールはあるのか、郊外学習についてとか、みなさん熱心です。

「なるほど!」と思う面白い学校見学となりました。

こうやって選択肢に入る学校は全部見る予定です。
第一希望がはずれて、第二希望、それもはずれてたらいまわしにされる
という恐ろしいこともなきにしもあらずだということだそうです。

うちはコンセルタドに入れたいけど上記の理由で公立学校もみるつもりです。
念のため最終手段のプライベート校も少しは見ておかないと・・・・
あ~緊張の学校選びです。

引き続き学校見学してきます。
[PR]
by cafeteriario | 2009-03-01 18:52 | 子育て

学校見学その2

2月26日にお友達が学校見学に行くというので
エリア外の公立学校ですが一緒に行ってきました。

大人3人・子供3人で行ってきましたが
この学校はいきなり最初から説明会。

狭い教室にあふれるほどの人数が入って熱気もあったのか、
ごそごそ動く小娘ちゃんを抱っこしたり下ろしたりで暑くなったのか
汗が流れ程の暑さでした。

カタラン語の説明で全部はわからないけれど
大きなスクリーンに説明していることの要約が映されていたので
なんとなくわかりました。
でも小娘ちゃんを抱っこしていたせいで集中して聞けませんでした(笑)

だってやれ水飲みたい・クッキー食べたいなんていわれるし
クッキーだって食べ終わっちゃえばじっとしていられない。
子供達からしたら無理な状況でしたね(笑)

今回の教訓!
子連れで行くと説明会なんてちっとも集中して聞けない。
(当たり前か!?)
夫婦同伴で行くか誰かに子供を見てもらって自分だけ行く。

お友達たちも子供が落ち着かないから教室を抜けて
私もしばらくしてから教室を出ました。
なんと!小娘ちゃんがハッピーバースデーの歌を歌いだしてしまいこれはもう大変。
かあちゃん汗だくで疲れ果てていたよ。

この学校は説明会を途中で抜け出したし
校内見学もできませんでした。

なんとなく聞いていた説明の中で私は1つだけ改めて驚いた点があります。
それは使用言語が100%カタラン語だということ。

公立学校だから当たり前なんだけど・・・

きっともっと大きい子のクラスになるとスペイン語のクラスもあるのかしら?
なんかあえて全部カタラン語だと言われると
「へぇ~世界から見たらカタラン語なんてここでしか使われていないのになぁ」
と私は思ってしまう。

今行っている保育園の教育方針は3言語。
カタラン語・スペイン語・英語

もちろんカタラン語がメインだけどスペイン語の歌も取り入れていたりミックスしています。

だからあえて全部カタラン語ですって言われることに私が抵抗があるのかな?
3歳からは義務教育になるからこういう点が違ってくるもかもしれない。
又は学校にもよるだろうし。

どこまでの範囲で全部カタラン語なのか?

なんだかわかってはいたけれど説明会でしっかり言語のことを言われて
改めて驚いてしまいました。
まぁここでも「郷に入りては郷に従え」ということで受け入れますけどね。

今回の見学会は殆ど聞けなかったわりには
この言語について今後注目しよう!というきっかけになりました。
[PR]
by cafeteriario | 2009-03-01 18:12 | 子育て

学校見学その1

小娘ちゃんが来年9月から通う学校探しを今年からはじめました。

この2月・3月がまさに学校見学の時期なのです。

まだ早いけれど、教育システムからして私は知識ゼロだし
来年焦らないために今年からなんとなく参考程度にはじめました。

こちらは住んでいる住所によって選べる学校が
公立・半私立(州の補助金が出る)とあります。
そしてエリア外でもお金さえ出せば行かれる
100%私立(めちゃ高いらしい)と3パターン。

うちは調べてみると公立4校・半私立(コンセルタド)3校選べるみたい。

うちの学校選びのポイントは

・朝8時に連れていけるところ

学校は9時からですが仕事している親のため朝早く連れていける
時間帯があります。

でも私って会社8時15分からなんですけど(笑)
インダ君も8時出勤。これは学校へ上がる時に対策を考えます。

・昼食内容

小娘ちゃんは昼間学校で食事することになるので
学校で作るのかケータリングなのか等食事の内容のことは注目したいな。

こちらは日本とスタイルが全く違って、
13時頃に誰かが迎えに来れる人は自宅に1回帰宅して昼食を取り
また15時に戻り17時まで学校です。

・英語をやるところ

今行っている保育園でたまたま週に1回英語のクラスがあって
歌や遊びで英語に触れているのでこのまま触れていて欲しいという私の希望です。

以上3点が今のところ想像していることで、
あとの細かいところは見学を通してもっと具体的にポイントとなる点が
出てくるだろうしチェックしていきたい。

そここで!2月24日(火)15時半
コンセルタドの学校見学会デビューしてきました!!!

もう小心者の私は地元人に紛れるということが心臓破裂しそうで怖い~
でも逃げてばかりいられないし、小娘ちゃんのために頑張るしかない!
と自分に気合を入れて行ってきました。

勝手がわからないからドキドキで行ってみると長蛇の列でびっくり!
昼間なのに夫婦で来ている人たちが殆ど。
おじいちゃん・おばあちゃんまで来ている人がいる!
私は小娘ちゃん連れて一人で行ったから引き返したくなった(笑)

寂しくてインダ君に電話しちゃいました(笑)

まぁでもかあちゃん頑張らないと!と気合を入れなおして列に並び、
学校へ入りました。

10人くらいのグループにまとめられて
学校の14~5歳の女子生徒二人が校内を案内してくれました。
(お化粧ばっちりしたギャルギャルな二人でした 笑)

3歳から5歳児の授業風景を覗いたり、
お庭で体育の授業らしい5歳児くらいの子供達が遊んでいる様子を見ました。

やっぱりお庭や校庭は注目する点で日が当たる場所にあって欲しい。

その点ではこの学校はOKでした。

まぁわからないなりに校内を見てきましたが
これが今後の学校見学へと繋がっていくので良し!としましょう。

校内見学の後の説明会は来年学校にあがることを伝えると
「来年来てね」って言われたし、説明会までかなり時間があったので
待つことも面倒でそのまま帰りました(笑)

この学校はまた来年のこの時期にしっかり説明会も参加して
詳細を知ろうと思います。
そしていつか近所の人に評判を聞いてみよう。
[PR]
by cafeteriario | 2009-03-01 17:27 | 子育て