かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

8月旅行No.2

a0048817_1834445.jpg


スペイン人団体ツアーは大型バスに45人という大所帯でした。
ぱっと見ると年齢層が40代後半から絶対70歳超えていると思われるおじいちゃんまでとう感じで最初インダ君は「やば過ぎる!」と嘆いていました。私は「別に友達を作るために参加したわけではないから自分達で旅行を楽しめばいいじゃ~ん」と軽く流していました。
それが蓋をあけたら楽しい仲間がたくさんできて、旅行の思い出がさらに深いものとなりました。

最初の日は首都レイキャビックを軽く散策後、郊外への移動日だったため誰とも話しをしたり
しませんでしたが、2日目にインダ君がラフティングのオプショナルツアーに参加してマドリッド出身のマヌエル(年齢も私達と同じくらい)と意気同好して帰ってきました。翌日からはマヌエルと3人で見学先でも一緒に見て周るようになり、彼はとっても陽気で心の優しい人だったので人見知りの激しい私でもすぐ気が合い仲良くなりました。
その後、この日のオプショナルツアー・ホエールウォッチング(鯨を船で見にいくツアー)で私達3人の横に何故かぴったり張付き始めたサラゴサ出身16歳のベア。両親と3人でツアーに参加していてつまらなかったのか?この時からベアは私達と一緒に行動するようになりました。

a0048817_17425785.jpg


そして次に仲良くなったのは船上で話をしたカディス出身のマリ・カルメン(推定40代前半)とマヌエル(16歳)最初みんなこの二人は親子とばかり思っていましたが、実は違いました。
マリ・カルメンはマヌエルの両親の友達だそうで毎年二人で旅行するそうです。いわゆる友達関係だけれども親子のように自然体で信頼関係があって面白いコンビでした。不思議な関係!?

ベアも含めこの二人と仲良くなったのは4日目の夕方ホテル着後に私達3人がプールへ行こうとホテル前で落ち合っていたところ、いろいろな人達とすれ違い「今からプールへ行くけど一緒にどう?」とマドリッドのマヌエルが声をかけていました。この時みんなでプールに行って、その後夕飯も一緒にとりました。ここから私達の小さなグループが誕生したのです。夕食にはベアの両親も参加して全員で8人。その後はどこへ行っても一緒に行動し、食事も一緒でした。
家族みたいでとても楽しかった!!!

a0048817_1745365.jpg


一番凄かったのは、なんとベアのパパとベアは本格的にカードマジックをしているマジシャンだったこと。プロではないけれど、毎年国内外のマジック会議に参加するほど本格的。
旅行にはもちろんカードを持ってきていたので、私達にたくさんマジックを披露してくれました。
目の前で行なうカードイリュージョンに私は一撃されました。凄すぎる!!!
絶対トリックがあるのに、全くそれを想像すらさせない技。感動的でした。普段はおとなしいベアもカードをやる時は目がキラキラして活発な女の子に大変身。
マジックを目の前で見ることができてとてもラッキーな出来事でした。
ベアのパパの職業は歯医者。サラゴサにマジックのできる歯医者がいたとは!驚きです。
マリ・カルメンもキャラクターからはとても想像のできない職業で驚きました。
なんと外科医でした。彼女は冗談が多くて大笑いしてばかりのいる気さくな人。
マヌエル(16歳)のパパが彼女のボスだそうで、同じく外科医。冗談で「ボスのゴマすりのために息子と旅行しているんだ」なんて言って大笑いしていました。実はこのツアーなんと他にも4~5人医者がいました。途中に具合が悪くなっても医者がいたので安心できるツアーとなりました(笑)

この仲間達とはまた会おう!と約束をして互いに連絡先を交換しました。
私もインダ君とマドリッド、サラゴサ、カディスは行こうと誓いました。
カディスに4月か5月頃いくと美味しいマグロのお刺身が食べられるそう!!!

絶対行きます。

a0048817_17581758.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2006-08-27 17:37 | 旅行

8月の旅行 No.1

a0048817_1643181.jpg


静かな8月を過ごしていましたが、8月19日から26日までは休暇を取り旅行をしてきました。

今年の夏休みは涼しいところへ行こう!ということで今スペインでは大人気のノルウェーへフィヨルドを見に行く旅を予定していましたが、面白そうなツアーは全部予約済みでした。(いつも準備の遅い私達・・・)
そこでインダ君が以前から興味のあったアイスランドへ行き先を変えました。
しかも今回は大型バスでアイスランドを周遊するグループツアー(スペイン人団体ツアー)
に参加しました。私達にとっては初体験でドキドキでしたが大正解!!!
地方の友達がたくさんできて楽しく過ごしました。

首都レイキャビックへはバルセロナから飛行機で4時間。
アイスランドは大自然いっぱいのリラックスするには素晴らしい国。
そして火山があるので温泉もある!!!日本人である私は大満足の1週間でした。

アイスランドは人口が30万人の小さな国。人口70%が首都のレイキャビック周辺に集中。
人口密度が1KM2辺り2.8人。首都から離れると本当に建物がなく、緑の大地や山に囲まれたところばかり。そこにたくさんの羊や馬がいて景色を見るだけで癒されました。
アイスランドの魅力は緑の大地ばかりではなく、大きな滝、氷河、大地の割れ目など見たことないものばかり。迫力ある大自然を目の前に「凄い~」と溜息をついてばかりでした。

a0048817_16464999.jpg


そして自然を目で見て楽しむほかには、さまざまなスポーツアクティビティも楽しめます。
インダ君はラフティングとスノーモービルにトライしました。私は体調を考慮してこれらには参加できなかったためインダ君はツアーで仲良くなった人達と楽しめたようです。

a0048817_16484928.jpg


a0048817_16502452.jpg


そして私が楽しみにしていた温泉はというと、訪れたそれぞれの村の公共のプールとレイキャビックにある素敵な温泉スパ、「ブルーラグーン」で心からリラックスしてきました。
今思い出すだけでも幸せ気分になれるくらい!
人口が2千人以上の村には公共のプール(屋外)があって、泳ぐ用の大きなプールの他に小さい37度~38度と40~42度の小さい温泉プールが必ずあります。私は40度のプールから出ないでお風呂気分。スペイン人のみんなには「RIO~こっちきなよぉ!一緒に泳ごうよぉ」と散々言われましたが寒くて私は温泉から出られる状態ではありませんでした。ここでもまた「君達とは体温が違いすぎるから無理!」と叫びました。彼らは彼らで私が「寒い、寒い」というのが信じられないようでした。(これはいつものことです 笑)
8月のアイスランドは最低気温7度、最高気温15度とバルセロナとは別世界。
20時頃プールに入っていた時の外の気温は約10度、いやもっと低かったかもしれません。
強調しますが、屋外プールですから!!!

プール以外でも地域によってはホテルのシャワーも温泉でした。ただし、シャワー後にバスルームが異常に硫黄臭くて、これには参りました。

日本から遠いアイスランドですが大自然と温泉の楽しめる国で私達日本人にとってはとても楽しめる所だと思いました。但し、物価が異常に高くて目が飛び出ます。
日本の次に物価が高い国であるとどこかで読みましたが、日本よりも高い高いたか~い。
物によっては日本の感覚とかわりませんが、特に飲食代には驚きます。物が溢れている日本と違って安いものから高いものと選択肢が殆どありません。レストランで肉や魚を食べるか、そうでなければハンバーガーかピザ。このハンバーガーやピザでさえも異常に高いのです。飲み物をつけて食べても一人分軽く千円から2千円くらいします。ビール一杯千円近くします。
レストランで食事をした時は前菜にスープ、メインディッシュにあんこう、デザートにチョコレートムースを食べて、ワインなしで一人1万円くらいしました。この金額をバルセロナで出したらかなり素敵な高級レストランで食事ができるはずです。

物価が高い国ですが、それ以外の部分では心を満たしてくれる旅行となったのであまり気にすることなく過ごしました(笑)仕方ないですもんね。

いろいろな国を旅行して次はどこへ行こう?と思った時はぜひぜひアイスランドを選んでみてはどうでしょう。お勧めです。

a0048817_16524259.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2006-08-26 16:45 | 旅行

静かな8月

a0048817_20265149.jpg


先週末8月5日頃からバルセロナは突然涼しくなりました。
朝は肌寒いくらいです。

8月のバルセロナはとっても静かです。
多くの店や会社が休暇を取るので街全体が静かになります。

静かな人が少ないこの時期が私は好きです。休みの会社も多いため仕事も楽になるし、上司が休暇を取るので同僚達とリラックスモードになります。(笑)
今年は来週1週間だけ休暇を取ったので旅行に出ますが、毎年夏はバルセロナで過ごします。

週末はのんびり。海に行ったり、友達と会ったりしています。

友達のビセンテ・マジェリ夫妻の自宅に遊びに行ってきました。
10ヶ月のケレンが大きくなっていてびっくり!写真1枚目がこのご夫妻&ケレン。
マジェリがメキシコ人なので、ケレンはスペインとメキシコのハーフ。
愛嬌が良くてかわいい☆かわいい☆ベロベロしてきました。もぉ~かわいい!

a0048817_20294295.jpg


2枚目の写真はいつも一緒に遊びに行ったりしている家族のような存在、サンドラ&ダビット。
サンドラは甘えん坊で活動的なタイプではないけれど、いろいろな感覚が私と似ているし、とても優しい人。そしてダビットはインダ君と似ているから彼らは彼らでとても気が合います。。
いつも4人で一緒にいることが多いです。
現在サンドラは妊娠5ヶ月。クリスマスには女の子が誕生予定です☆

みんな日本人である私を優しく見守ってくれる大切な友達。

インダ君の高校時代からの友達ビセンテは私がスペイン語が全くわからない時期にボディランゲージで一生懸命コミュニケーションを取ってくれた人。片言の英語と体で会話をしてくれた。もう彼に何かがあったらすぐかけつけてヘルプ!するぞ!ってくらい大切な人。それくらいいつもいろいろお世話をしてくれました。今はパパになってとても幸せそう。

そんな彼の姿を見て私達もハッピーをおすそわけしてもらっています。
[PR]
by cafeteriario | 2006-08-13 20:39 | 気ままな日常

かふぇてりあRIO NO.22 「まず~い思い出」

大変ご無沙汰しています。本格的な夏を迎え、猛暑の中なんとか生活しているRIO です。

いやぁ~暑いです。

真昼間から19時頃までの日差しの強さ は普通ではありません。
8月にバルセロナを訪れる予定の方がいましたら、帽子等十分な用意をして来てください。スペイン南部、そして北部までもが40度を越えたりしていますので、ご旅行を予定されている方は本当に 注意して下さい。

さて、インダ君と私は体力の衰えをはじめ、身体の変化を感じていたため、「健康診断をしよう!」と思い立ち、 ここ 数ヶ月の間に基本的な検査とお互いの気になるところを先生に診てもらおうと何度か病院へ行く機会がありました。
(ただ単に私達はもう若くないので ・・・というのが検診の理由です)

そこで私の面白い!?辛いエピソードがありました。

私は、ある朝早くに血液検査をしに小さなクリニックに行きまし た。
いきなり看護婦さんが「朝一番の尿はもってきている?」と聞くので、 私は「へぇ!?尿検査もするんですか?」 という 感じで全く知りませんでした。
(っていうか聞い ていないもんそんなの)

そもそもこちらの病院のシステムでは突然行って検査はできません。一番最初に内科の先生の所を訪問し、血液検査をやりたいとお願いして書類を作っても らいます。
そして別の日に改めてその書類を持っ て検査をしに行きます。

私の場合、その先生は尿検査もするということは一切言っていませんでした。
急に尿を取れと言われても朝から水一滴さえ口にしていない私は困りました。トイレに行っても尿なんて出ません。 それを看護婦さんに訴えると、厳しい口調で水を飲めと命令されました。

「飲め!」だなんて・・・

「どこに水あるんですか?」と聞くとトイレ の洗面所の水を飲めと言われました。

トイレの洗面所の水!!!が~~~ ~~~~~~~~~~~~んんんんん
また漬物石 が頭に落ちてきました。バルセロナの生活で何度漬物石が落ちてきたことか?

トイレの洗面所はショックです。バルセロナはとても水が悪いので、不味くて飲めたものではありません。
(注:エリアにも よるらしいので、水道水を飲んでいる人もたくさんいます)
私は自宅でも水道水は一切飲まず、いつも水は買っています。
ご飯を炊く時や煮物をする時だって買った水を 使っています。水道水はとにかく不味い!

検査をしたクリニックには水の自販機がありませんでした。
何故かコーヒー自販機だけありました。(おいおい・・・水くらい置いとけ!一応私立の病院なんだから)

私は飲みましたトイレの洗面所の水。こうなったら飲んでやるぅ~と妙に強気になりたくさん飲みました。 内心は 「あ~お母さん~」って泣きそうでした。どうして私こんな目に合わないといけない の?お母さん~

本当に不味い!不味いプラス油っぽいというかとにかく嫌 な水なのです。
それでも早く尿を出すためにがぶがぶ飲みました。
幸いに看護婦さんがプラスチックのコップをくれたのでガンガン飲むことができました。

その後無事終了。急いで会社へと向かいました。
数週間後、血液検査に再び行きました。同じ辛い思いをしたくなかったので、はりきって朝一番の尿を用意していきました。 そして予想通り、尿検査ありませんでした。人生そんなものですよね。次回は先生に確認してから行こうと決めました。

お国が変わればシステムや習慣が違うのでとまどうことが多いです。まだいくつか病院エピソードがあるので、コラムで今後も紹介していきます。
[PR]
by cafeteriario | 2006-08-03 19:25 | 気ままな日常