かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

日本語ができるインダ君

私とうちの夫インダ君は2000年から2002年にかけて日本に約2年半住みました。

結婚後数ヶ月たったある日突然「日本語を勉強したい!」と言い出し、

日本語を勉強するなら日本で!

という希望だったので、私の親に相談し実家で同居する許可をもらい日本へ飛んでいきました。
インダ君が行きたいと言ってから、7ヶ月後くらいには日本にいました(笑)

私達は迷うことなく!日本へまっしぐらでした・・・(今振り返ると懐かしい思い出です)
ただし2年くらいという期限限定でしたが・・・

1年4ヶ月は日本語学校に通う学生さんをしました。その後は運よく旅行代理店に勤めました。
クラスメートは中国人だけ。インダ君は勉強頑張りました。
月曜日から金曜日の午前中は学校、午後は家で勉強。
木曜日の午後は市が開催する日本語クラスへ通いました。

本当に勉強しました。おかげで視力が下がり、眼鏡が必要となってしまったくらいです。

この努力を見ていた私はある日勝手に誓いました!

「インダ君とはこれからずぅっと日本語だけで会話する!」

そして様子を見ながら少しづつスペイン語からシフトしていきました。
これは日本にいたから自然にシフトできたと思います。家族をはじめ友達みんな当然日本語なのでインダ君は語学を学ぶには最高の環境にいたわけです。そしていつも一緒にいる私も日本語にする!これですよぉ!これ!

彼がなんとなく慣れるまではゆっくりゆっくり話しました。そしてだいぶ慣れてきた頃に「私は普通に話す!」とこれまた勝手に誓い、スピードも含めて家族や友達と話すのと何ら変わりなくインダ君に話かけることにしました。彼はわからない時は必ず質問してくれるので私は気をつかうことを一切やめたわけです。(相変わらず勝手な妻ですわ)

当初、インダ君はバルセロナに帰えればきっと自然にスペイン語に戻ると予想し、私の決意を
100%信じていませんでした。

でもごらんなさい、バルセロナに戻って3年半たった今でも会話は日本語です。
電話で話す時も日本語。いつでも日本語です。

但し、インダ君の家族やスペイン人の友達といる時はスペイン語です。
彼らの前でわけわからない会話をしてしまっては失礼ですから。
マナーとして日本語は使いません。

さぁ~て写真の中で誰がインダ君でしょうか。
なかなかおちゃめで粋なスペイン人です。さむ~いギャクを飛ばすのが長所です。

今度はインダ君日本語ギャク特集と題してここに書きたいと思います。
お楽しみに!

a0048817_495396.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2006-01-30 04:13 | RIOとインダ君

こ~んなスペイン人ライダーはどうでしょう?

a0048817_7234423.jpg


なかなかハンサムにうつっている写真があったので載せます!

カタラン人のMOTO GPライダー 「セテ・ジベルナウ」
今年はイタリアのメーカーDUCATIのチームで走ります。

韓国人俳優もなんのそのスペイン人だって日本で人気がでたっておかしくない!

いかがでしょう?
[PR]
by cafeteriario | 2006-01-24 07:27 | 大好き2輪レース

かふぇてりあRIO No.14「同僚Aちゃんの素顔」

1月がすでに半月以上過ぎましたがいかがお過ごしでしょうか。
「明けましておめでとうございます」なんて言っていたのが昨日のよう。

またぼぉっと過ごしていることに気がついて
反省している今日この頃です。

カタラン語の勉強のことをすっかり忘れていた!
既にクリスマスホリデーの後もまた落ちこぼれています。

こうしてのんびりした日々を過ごしている中、
思い出に残る出来事がありました。

それは「女の子だけの新年会」
会社の日本人女子総勢6人でお鍋大会をしました。

私の会社の女性陣はみんな面白くてかわいい子ばかり。
昨年からどしどし日本人女性が入社したので会社の
雰囲気がとても変わって「ここは日本?」と錯覚してしまうほど。

ギャルパワーったらすごい!ワイワイガヤガヤ毎日が修学旅行。
勤続年数3年にしてツボネのRIOおばさんは
遠くからギャルを見守るのが精一杯(汗)。
みんなかわいいなぁ~と思ってしみじみお茶をすする毎日です。

新年会と称してとある土曜日の夜、
ギャル軍団と私は一番若いAちゃん宅に集合。

19時頃から始めて夜中2時頃まで大盛り上がり。
美味しい食事、美味しいお酒、そしてプレゼント交換もして
楽しい夜を過ごしました。

この夜、強烈に印象に残ったことがありました。
それはAちゃんが韓国人俳優の大ファンであること。
部屋に巨大ポスターが豪華にど~んと2つも貼ってある。

遠くから見た時には「前に住んでいた住人が残していった
カレンダーか?」と思っていた私は近くで見て驚いた。
かなり男前な俳優さんのドアップ顔ポスター。

もっと驚いたことにAちゃん男前俳優の
特大サイズバスタオルを持っている。
お値段1万円也!

ひゃぁぁぁぁぁぁ1万円するバスタオルなんて生まれて初めてみた。
Aちゃんは途中眠くなった時に「ちょっとすいません~♪」と言って
男前俳優タオルをかけてソファで寝てしまった。
これまたデカイお顔がプリントされている。

「わぁ~おぉ。これが1万円もするの?」と思わず叫んだ。
だって信じられない値段だもの。

世の中これでいいのかな?
ちょっとこの値段やり過ぎではないだろうか。

巨大バスタオルのことでクラクラしてしまった。
でもAちゃんがスヤスヤ幸せそうに寝ているからまぁいいかぁ・・・
Aちゃんが喜んでいるならそれはそれで価値があるかも?
ある?あるに違いない!

私はやや内心「・・・・汗」になりつつ、
Aちゃんがとても新鮮に見えてきた。

そして自分が小学生高学年の頃小泉今日子の
大ファンだったことを思い出した。

私もやっぱり部屋にポスター貼っていたもの。
地元にキョンキョンがコンサートに来た時には、
母におねだりしてチケットを買ってもらい、
当日は父、弟と3人で行った。

周りのみんなが立ち上がってノリノリなのに
父がで~んと座っていた姿を今も鮮明に覚えている。
きっと嫌々同伴したにちがいない。ごめんお父さん!

この初々しいAちゃんにはこのまま素直にまっすぐ
生きていって欲しいな。

ステキな恋も次々して、このバスタオルを押し入れの奥に
しまう時がくるだろうなぁ。

と、この夜は私の妄想癖もかなり大活躍してしまった。
いけない、いけない勝手な想像はAちゃんに失礼だわ。

ちなみに机の上には「男前俳優卓上カレンダー」が輝いていました。
彼女に今年も良いことがたくさんありますように・・・

翌日、この話をインダ君(夫、スペイン人)にしたら
「わぁ~めちゃくちゃ日本人!」と
(日本語で)かなりひいていた。(笑)

私たち女性がハンサムな男性に憧れるキュンとした乙女心が
彼には分からないのも無理はないか、、、。

って、私はキョンキョンだったけどね。(苦笑)
悪いですか、インダ君!?
[PR]
by cafeteriario | 2006-01-21 10:27 | 気ままな日常

私の愛読書

a0048817_0301648.jpg


毎週火曜日に発売になる週刊バイク雑誌「SOLO MOTO」(ソロ モト)が
スペイン語でも読む気になる私の愛読雑誌。
(普段日本語ものばかり読んでいます・・・あはは)

バイクの世界選手権に魅了されて以来、いろいろな情報が欲しくて、
この雑誌やインターネットでかなり真剣に勉強している(笑)

そのわりにはまだまだ詳しくないけど・・・

読んでも記憶力が悪くて・・・しっかり頭に残らない 
だからまた古い雑誌をひっぱり出してきて同じ記事を読む

通勤途中に読むつもりでバックの中にはいつもSOLO MOTOを入れている
でもいざ地下鉄に乗ってみると人目が気になって読めない!!!

我ながら何を馬鹿のことを考えているのかってわかっているけれど、なんか恥ずかしくて・・・
なら持ち歩くな!ってなことになるけどでも持ち歩いている (笑)

私の恥ずかしくなる気持ちはバイク雑誌以前のふか~いコンプレックスにも関係がある。
アジア人であるため人の視線を感じることが多いから、「どうせ中国人の女の子がバイク雑誌読んでいる!?なんて思われるのかな?」とか想像する悪い癖がある。
誰もおまえなんて見てないよぉ・・・って自分で突っ込みいれるけど・・・

でもでも変なこと想像して、恥ずかしくなって、バックからバイク雑誌が出せないでいる。

もぉ~私って最悪!情けないわ。

結局、リラックスして読めるのはお風呂で半身浴をしている時。
美容とMOTOが一緒にできるこの半身浴は私にとって大切なこと。

お風呂に箱根の湯なんていう温泉のもとを入れて、SOLO MOTOを読む。
最高!30分も経つと雑誌ふにゃふにゃになっちゃうんだけどね。

う~ん今宵も体をお風呂で温めつつ、MOTO情報を読む。

最高だわ♪

a0048817_040365.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2006-01-15 00:54 | 大好き2輪レース

サンジョセップ市場 写真追加

a0048817_18104536.jpg
a0048817_1812206.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2006-01-14 18:12 | ナイス☆スポット紹介

ランブラス通りにある「サン・ジョセップ市場」

a0048817_21585572.jpg


1月7日(土)久しぶりにランブラス通りに行きました!

この日から冬の大バーゲンが始まったこともあり、カタルーニヤ広場辺りの店は人!人!人!
東京の渋谷や新宿に負けないような人ごみ。朝から雨も降っていたにも関わらずの人ごみ。

私は人ごみが苦手なのでバーゲンはちょっと見て飽きてしまった。
だって目当てのお店に行っても好きものが見れないし、「これ買おうかなぁ」と思ってもレジの行列を見て、手に持っていたものをすぐ戻した。ホントすごい!
こういう日のセントロ(街中心地)は観光客プラス地元の人でごった返している。

この日の一番の楽しみはサン・ジョセップ市場、通称LA BOQUERIA(ラ ボケリア)。
地元の人たちはみんなボケリアと呼んでいる。
綺麗に野菜や食材が並らんでいて、買物しなくても十分見て楽しめる所。

私はあるものを探していた。

それは珍味として食用の虫くんたちが並んでいるお店があるという噂を聞いたから。

ホントかな?探したけれど見つからなかった。インダ君はテレビでやっていたのを見たとも言っていたけど・・・今回は虫くんたちに会えなかった(涙)

ちょっと好奇心で味見したかったのにな。今度探そう。

綺麗に陳列されているし、観光地となっているし、街の中心にあるから品物の値段がかなり高いのかな?と思ったらそうでもないものもたくさんあった。

私は美味しいそうなアスパラガスとかなりBIGサイズのししとうを購入した。
友達はイチゴやラズベリーも買っていた。ホント新鮮で美味しそうなものばかり。

ここはぜひお勧めです。カタルニア産物がよ~く観察できますよ☆

そして買物をしてお腹がすいたらこんな所!として私のお勧めがあります。
この市場を奥へ奥へと行き、外へ出ると駐車場があります。
その右手側に冬でも外にテーブルを外に出している

レストラン「RA」

があります。

ここが美味しい!!!!!!!!!
オリジナル料理を出してくれるけれど量も多くてナイス。
ランチメニューは12ユーロ。デザートも美味しいし最高でした。

騙されたと思って1度どうぞ!!!

a0048817_23294680.jpg
[PR]
by cafeteriario | 2006-01-08 22:28 | ナイス☆スポット紹介

かふぇてりあRIO No.13「今年も宜しくお願いします」

a0048817_21375369.jpg
新年明けましておめでとうございます。
今年も何卒ご愛読いただけますようお願い申し上げます。

さていよいよ2006年。
気持ちも新たに何事も前向きに頑張っていこうと思っています。

みなさんは具体的な目標を立てますか?
ズバリ!私はたてません。
昔はよくああしたいこうしたいとか、
ああなりたいとかいろいろ考えました。
でも今は自分で自分にプレッシャーをかけないために
具体的に何をするとは考えないようにしているのです。

これには深い理由があります。

9年前初めてバルセロナに来た時、言葉の問題や
大きなカルチャーショックはもちろんのこと
私はこともあろうに
「何もかもスペイン人のように振舞わなければいけない」
という錯覚に陥ってしまいました。

インダ君に会える喜びと共に楽しい気分でウキウキと
バルセロナにやって来たのに実際の生活は楽しいものではなかった。
大好きな人がスペイン人だから私も彼らと同じように
自分の意見をはっきり主張したり、たくさんお喋りしたい!と
強く願ってしまった。

強く願う分それに反比例して自分の意見なんか
持っていないことに気がつき、
スペイン語ができないからどんどん口数が減っていき、
そして益々内気になっていってしまった。

そしてもっと馬鹿な私はスペイン人女性のナイスボディを見て
体型のコンプレックスまでも持つようになっていた。

いろいろな妄想も働いて私の頭の中はいつのまにか
「ああなりたい」「こうなりたい」病にかかっていた。
理想ばかり描いてそれに近づかない自分を責めて傷ついた。

(大きな胸やカタチの良いお尻を手に入れたいなんて願いは
叶うわけがない!)

自分に自分でプレッシャーをかけてとても苦しんでいた。
でもその当時は願うことで実現すると信じた。
いや、そう信じていたかった。

そんな時インダ君ははっきりと私に断言していた。
「自分は自分。ああなりたいこうなりたいなんて絶対無理
人間変わることは殆ど無理だよ。今の現実をまずは受け入れないと」

彼はとても現実的なタイプ。甘いことは考えない。
白黒はっきりしているし夢みがちなちゃらんぽらんな私とは正反対。

私は彼に反発した。

「絶対変われるもん!変わってみせる!」
「夢や希望を描かないなんて冷めているよ!理想を描いて何が悪いの!」

結論からするとやっぱり理想通りの自分になることは無理だった。
その当時インダ君が私に伝えたかったことを私は全く理解していなかったし
自分の惨めな現実を受け入れたくなかった。
そうやってどんどんストレスまみれになり体調も崩した。

こういう背景があるため「これを絶対やる!」などの具体的なことは考えな
い。
実現できなかった時に落ち込みたくないしプレッシャーを自分にかけたくな
い。
トラウマがあるのは事実だし、それに何よりも人生を気楽に楽しみたい 
(笑)

時間はかかったけれど少しずつ自分の現実を受け入れることができている。
受け入れることができた時から気持ちが楽になり日常を楽しめるようになっ
た。

外国暮らしをするとてっきり外国人かぶれになるのかとばかり
思っていたけれど、住んでいる所がバルセロナなだけで
私の中身は100%日本人。
「スペイン人みたいにならないといけない」なんて
どうして勘違いしたんだろう?
今となってはそれが不思議。
心に余裕がなかったからか?

こういう理由で目標は立てないけれど、いつも確認することが2つあります。

1.健康第一であること。
2.家族や友達をはじめ私を支えてくれている人達の存在を感謝し
大切にすること。彼らの存在があっての自分という存在が成り立つ。

さてさて余談ですが、身近に細かく目標を立てる人がいます。
それはインダ君のお兄さん(37歳独身 映画や音楽が大好き)
毎年をやりたいことや目標をリストアップして、それが後で
達成されていないと頭を抱えてため息をついています。
それもかなり深いため息。

今年もすでに大きな声でいろいろ家族にアピールしています。
私やインダ君は「べつにそんなこと大きな声で言わなくてもいいのに」と
お互い心の中でつぶやいていました。

お兄さんのリストは今年の年末にどうなっているかな?
ため息が昨年のそれよりも小さくなっているといいけれど・・・

今年もみなさんが明るい笑顔で過ごせますようにと
バルセロナから願っています。

ついでにサッカーとバイクの世界選手権の益々の発展も願ってみましょう。

今年も宜しくお願いします。

*写真は新年を迎えるときに食べる12個の葡萄です。

鐘の音に合わせて食べるけれどこれが難しい。私は毎年口の中葡萄でいっぱいになって新年を迎えています。1秒ごとに1個葡萄を食べるのは噛み切れないし、飲み込む時間がないし、なかなか大変です。葡萄の後はシャンパンで乾杯!

各テレビ局が鐘のある場所(マドリッドのPUERTA DE SOLが一番有名です)で生中継するので、一般家庭では家族揃ってテレビの前で葡萄を食べます。
[PR]
by cafeteriario | 2006-01-08 21:40 | 気ままな日常