かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:気ままな日常( 109 )

初めての体験

とうとう来たこの体験!
心の準備もなく突然やってきた!

なんと!初めて小娘ちゃんがヤヤとヤヨの家に1泊しました。
注)カタルニアではおばあちゃんをヤヤ、おじいちゃんをヤヨと呼びます。

本人は自覚があったのかしら?
(あって欲しいな。マミーはどこ?なぁ~んて感じで)

新米かあちゃんは寂しい夜を過ごしたけれど
きっと寝る場所が変わってもスヤスヤ寝ていただろうなぁ。
鼻水と咳でスヤスヤとはいかないけれど普通に夜を過ごしたらしい。

スペイン人の友達は11ヶ月となる娘をすでに何度も
ヤヤとヤヨに夜預かってもらっているらしくて
「はじめてなの?」なんて逆に驚かれました。

私は、「う、う、うん!」
だって~小娘ちゃんがいない夜なんて・・・
寂しいしいないってことが違和感ある!
全く問題ないし、心配ないことくらいはわかっている。
けれどやっぱり気持ちの上で離れ離れは寂しいなと思って
今までお泊りはしたことありませんでした。
インダ君が週末旅行に二人で行こうと言っても私はずっと渋っていたし。

今回はミュージカルを観に行って予想以上に帰りが遅くなったため
そのままお泊りをお願いしました。

21時に始まって劇場を出たのが24時。
お~いスペインタイムやっぱ遅すぎるぞ!

それでも本当は迎えに行くつもりでいたけれどヤヤよヤヨも喜んでくれるし、
(個人的にはそれでも複雑な心境だったけれど)お泊りを突然決めました。
うちのインダ君は感覚が全く違うようで寂しくはないよう。
スペイン人の友達もあっけらかんとしているし。
これは慣れなんだろうか?
私もこの経験を数回重ねれば小娘ちゃんがいない夜も
ドキドキせず過ごせるようになるのかな?

もうすぐ新米かあちゃん暦10ヶ月となるけれど
いつになったら「新米」が取れるのかしら?

翌日小娘ちゃんを迎えに行った時はハグ&キスをひつこいくらいしたけれど
本人はぽかぁ~んとしていました。しまいには嫌がられました。
まぁこんなもんでしょう。
(またここでもちょっと寂しかった私・・・)

a0048817_2343712.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2007-11-24 02:35 | 気ままな日常

バルセロナだいぶ寒くなりました

た~いへ~んご無沙汰なブログ日記です。
突然姿が消えていましたが、10月は日本へ里帰りしました♪
時間がある時に思い出話でも書くようにします(努力します!)

いやぁ~もぉ~日本から帰るなり小娘ちゃん保育所が始まりました。
しか~し!3日目にして風邪をひいて下痢と熱でぐったりしてしまいました。
1週間以上不調ですが、今は熱が下がったのでだいぶよくなりました。
でも今日は治ったはずの下痢がまたぶり返しています。どうして?

日本での疲れ
保育所での菌
冬の到来

これらの理由が絡み合って小娘ちゃん体調崩したと思います。
なんだか親の責任もあるかなぁと思うと悲しい気分になります。
保育所に行くと絶対何かうつされて帰ってくるってみんな言っていたけど
こんなにすぐ具合悪くなるとは予想外でした。

ここ1週間は小娘ちゃんの体調で一喜一憂。
病院も2回も行ってしまった!焦る新米かあちゃん。
鼻水とせきで苦しそうにしている小娘ちゃんを見て涙ぐむかあちゃん
(旦那は妻を見て汗かく!おいおい・・・と引いていた)

だってぇぇ~(思い出すだけでも涙ガ出るおバカな私)
体調悪くしてぐったりしているまだ9ヶ月のわが子の姿は痛々しく、
あまり動かないし笑わないし寝てばかりいたことに驚きました。
後で冷静に考えると病人なんだから大人と一緒で1日寝ているのは当たり前。

そうこうしているうちに親である私達まで風邪をひいてしまいました。
のどをやられ、鼻もつまっています。

やっぱりバルセロナだいぶ寒くなったからでしょうか?
会社でも風邪ひきさんちらほら見かけます。
寒いから家の暖房も使い始めました。愛用のゆたんぽも大活躍!

今宵も温泉シリーズの入浴剤を入れてお風呂入ります。

写真は日本で買った熱さまシート中の小娘ちゃん♪

a0048817_3531452.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2007-11-15 03:55 | 気ままな日常

やっぱり・・・

火曜日に私はひどい下痢に襲われましたが
木曜日には体調が落ち着きました。

そしたら!まさか!

金曜日の夜からうちの小娘ちゃんが
下痢ピー始まってしまいました。
まさにピーって感じのもので
初めて体験する新米かあちゃんは驚きました(笑)

本当にかわいそうな小娘ちゃん。
私から変なウィルスが移ったよう。

私からばい菌が移るのは実はこれ2回目。
8月のちょうど旅行に出る数日前、
私が酷い「ものもらい」にかかりました。
(旅行中私は右目がお岩さん状態で過ごしていました(涙))

そして1週間後、島バカンスも残すところ2日!という時に
小娘ちゃんの左目が真っ赤!
ひゃぁ~まさか!って感じで移ってしまいました。
病院の先生に「移るからね!」って注意されていたので
十分気をつけていたつもりだったのに。

私はこの時泣きました。
まだ小さい赤ちゃんである娘の目が真っ赤になり腫れている。
抵抗力だって大人とは全く違うのに。
「何かあって失明でもしたらどうしよう?」と想像したら
悲しくなって涙が止まりませんでした。(かなりオーバーな私 笑)

インダ君はおい、おい、って感じで引き気味。
そして余計なこと考えるなと怒られました。
バルセロナ空港に着くやいなや、小児科緊急病院へ直行。
やれやれ・・・
その後8月は完治するまでの3週間程10回近く眼科へ通いました。
赤ちゃんである為コントロールということで何度も先生が見てくれました。

その後・・・インダ君にも移りました。これまた申し訳ない!

そして今回も私が先にどこかでばい菌をもらってきてしまい、
結果小娘ちゃんにも移ってしまいました。
情けない母親です。手洗い・うがいをいつもにも増してやるべきでしょうな。
そして抵抗力のつく食事でもお勉強して実践してみようと思います。

ピーが始まって4日目に入りました。
まだ続いています。早く治りますように。

子育て中のママさん達へ
参考までに体験談を聞かせて下さい!

[PR]
by cafeteriario | 2007-09-25 15:12 | 気ままな日常

贅沢な自由時間

ただ今、自由時間(私ひとりの時間)を堪能中です。。。

あ~ぼぉ~っとできるってホントに素晴らしい♪
(バックミュージックはZARDですぅ)

13時半に仕事終了(ダッシュで会社を飛び出る 笑)

17時半に美容室の予約を入れているので
それまで自宅で一人ランチ・ぼぉ~、ぼぉ~ぼぉ~

としています。

13時半からまぁ美容室が終わって家に着くまでの19時頃までは
一人の時間となるでしょう。

なんかこういう時間がとても贅沢に感じます。
以前はしょっちゅうこんな時間があったのに。
今は感謝の気持ちでこういうマッタリ時間を大事に過ごすことができます。

でも、でも、小娘ちゃんが恋しくなって
1人の時に娘の写真やビデオを見てニヤニヤしています。
あ~早く小娘ちゃんに会いたいな。
ぎゅっと抱きしめたい!(おいおい、一人が充実しているんじゃなかったのか?)

小娘ちゃんのお迎えはインダ君が行ってくれることになっていて、
そのまま義兄もピックアップして、ついでに彼のプレイステーション2も
持ってくるらしい。
うちは6月にテレビを買い換えて、今は42インチのテレビなので
インダ君はこのテレビでプレイステーションをやりたいらしい・・・

今夜は兄弟で大ゲーム大会するらしく
今朝から「ごめんね!」なんて笑顔でインダ君から言われています。
まぁ好きなように思う存分ゲームをやってくれてOKよ。
今日は私も心の広い良い人になれますわ。

それでは美容室へレッツゴーします。
前回から日本人美容師さんがいる所へ行っています。
やっぱ日本人の方がいいなぁ~と実感したため4年も通い続けた
スペイン人の美容師さんをあっさりやめました(笑)
[PR]
by cafeteriario | 2007-09-10 23:07 | 気ままな日常

値上がり

今朝久しぶりに集中!してニュースを見ました。

なんと9月1日からパン、牛乳、卵、お肉などの基本食料品が
20%くらい値上がりするんですって、奥さん!

理由はこれらを生産するための機械の燃料費が高騰したため。

ほぉ~

でも牛乳(1L)はついこの間値段上がったばかりのはず。
97セントで買っていたものが1ユーロ7セントになっていました。
いつも同じものを買うので値段が上昇したことに気がつきました。
注)現在1ユーロ約160円

これからさらに20%あがるのかしら?
今日はちょっとスーパーで気にしてみようっと。
私はとてもずぼらなので値段チェックとか普段しません(反省)
スーパーを選ぶ理由は品揃えと距離!?
最近行く所はバスを降りたらすぐそこにあるから!(お~いそれでも主婦か?)

因みにいつも買う小娘ちゃんの粉ミルクは900Gの缶で13~14ユーロ。
日本円だと2080~2240円。
おむつは92個入りパックが15~16ユーロで2400円~2560円。
これらの赤ちゃん用品って高いですね。

こちらの人はよくコーヒーの値段で物価の感覚を見たりしますよね。
場所によりますがカフェコンレチェ(カフェオレ)1杯1ユーロ10~20セント
もうちょっとするのかな?今は1ユーロ以下では飲めません。

物価はこうやってどんどん上昇するのにお給料は涙・・・状態。
これで世の中大丈夫なのか?と思う今日この頃です。

スペイン首相であるホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロさん(社会党)
ヤフーから拝借してきた写真です。彼がスペインの将来を担っているわけです。

a0048817_1773976.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2007-09-01 17:14 | 気ままな日常

旅行中の離乳食

心配していた旅行中の離乳食ですが
「まぁ心配してもなんとかなるから気楽な気持ちでいよう!」と
頭を切り替えて、「ミルクだけになったとしても問題ないでしょう」と
考えることにしました。

切り替えるととっても単純な新米かあちゃん。
適当!をモットーに固く考えずにいくことにしました。

あはっ!さすがB型の私。

旅行出発前は10倍粥や少々のフルーツでの1回食。
お粥はもりもり食べれるようになっていた小娘ちゃん。
旅行中はお粥を用意できないので、既製品の瓶詰めフルーツや
ホテルのバイキングで分けてもらった果物を使って
なるべく午後に与えました。

しか~し、もりもり食べる程の勢いはなく
少しだけ食べている様子で結局ミルク中心でした。

予想通り!

まぁいいでしょう~
旅行中で環境が変わった中で普段のペースが乱れるのは当然です。
ミルクはいつものように飲んでくれました。


おっ!離乳食の代わりに自分の足を食べる小娘ちゃん!

a0048817_174827100.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2007-08-17 17:36 | 気ままな日常

初めての飛行機

a0048817_17103518.jpg


うちの小娘ちゃん月齢6ヶ月半にして飛行機デビューしました。

バルセロナからランサロテまでの飛行時間は3時間。
私自身が妙に「どうなるのか?」と不安で緊張していましたが
なんとか無事体験することができました。

日本に行く前の練習!?を兼ねて夏のバケーションは
飛行機で行く所とインダ君や友達にお願いしていました(笑)

私が一番心配していたのは、例の離陸と着陸時に気圧の変化で
赤ちゃんは耳が痛くなるということ。
それを回避するためミルクを飲ませたり、おしゃぶりを利用して
吸いつかせることをするといいらしくて・・・
新米母ちゃん頑張りました!Let's try!


因みに小娘ちゃんはおしゃぶり嫌いで使いません。
今回も一応持って行きましたが、やっぱりおへぇぇぇ~という顔をされ、
口を開けてくれませでした(笑)

まずバルセロナから離陸する時は、
もぉ~機内に入ったからといってすぐ出発するわけでもなく、
また飛行機が動きだしても滑走路での順番待ちがあって
お腹がすいている小娘ちゃんをぎりぎりまで待たせ、どうにもこうにも
待てなくなり少しずつ飲ませては口から哺乳瓶を放したりして時間調整。
「おいおい早く離陸してくれよぉ~」と心の中で叫びながらの出発でした。
まぁなんとか泣かずにクリアー。

a0048817_17285385.jpg


でもランサロテに着陸する時、新米かあちゃん失敗をしました。
3時間前に大量にミルクを飲んでいるからまだお腹すいていないだろうと
思った私は哺乳瓶にミネラルウォーターを少々用意して着陸に備えて
いました。なんと!拒絶されました。飛行機がだんだん下降していくというのに
嫌がって口を開けてくれません。そうこうしているうちに耳が痛いのが
大泣き!MAXのボリュームで泣いてしまいました。
そして下降中にミルクを急いで作り、途中からなんとか飲み始め
ようやく泣き止みました。

インダ君には「どうして水なんて用意するの?ミルクじゃなきゃ!」と
強く言われ、がっかりする私・・・・かわいそうなことをさせてしまいました。


行きにこんなんだったので帰りは万全の準備でのぞみ
離陸・着陸とも泣かずにすみました。
まぁなんでも経験ですな。こうやって学んでいくしかないのでしょう。
ドジな私は特に・・・がんばります。
[PR]
by cafeteriario | 2007-08-16 17:07 | 気ままな日常

バケーション

久しぶりにブログを開きました!

いやぁ~なんだかんだと時間ばかり経つ日常で本当に恐ろしい。
「今のこの瞬間を大事に」と心がけていてもあっという間に過ぎる
毎日に驚いています。

そんな中でもしっかりバケーションは取りました。
8月8日から15日までスペインはカナリア諸島にあるランサロテ
という島へ友達家族と一緒に行って来ました。

ここはアフリカ大陸に150KMという所で本土との時差1時間。
火山のある土地がら緑ではなく見渡す限り「茶色」や「黒」。
第一印象は「ひゃぁ~何もないの?」と後ずさりする状態でしたが
観光スポットを訪れるうちにこの島のよさがわかってきました。
初めて見る火山の土地と青い海とのコントラスト!この風景が
一番印象に残っています。
綺麗なビーチもたくさんありました。

a0048817_1723057.jpg


ただし、毎日風が強く吹くのでテニスを楽しみにしていた
インダ君はがっかりでした。

友達もうちの小娘ちゃんと同じような娘ちゃんがいるので
赤ちゃん中心のゆっくりペースで問題なく楽しめることができました。

a0048817_1753989.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2007-08-15 16:43 | 気ままな日常

離乳食その後・・・

7月27日でうちの小娘ちゃん6ヶ月になりました。

a0048817_17192839.jpg


現在、身長68センチ 体重 7キロ
先生が順調です!と言ってくれました。

例の離乳食のこと
私はまた小児科医に「離乳食どうですか?」と聞かれ
「上手くいっていますよぉ~」と満面の笑みで答えました。
夫が同行できなくてよかった(笑)
彼の目の前では先生にこんな風に振舞えそうにないもの。
相変わらず日本式離乳食のことを先生には説明しませんでした。

6ヶ月にして小児科医の先生の指示は、
フルーツ
シリアル
これらに加えて今度は新たに「野菜と鶏肉をゆでたもの」
をつぶして与える

日に3回食にするよう言われました。
わぁ~お!
うちの小娘ちゃん実際は1日に1回の10倍粥の離乳食をやっています。
そろそろ別の食材を取り入れようかなぁと新米母ちゃんは考えているところ。

うちの夫の反応は・・・
「先生は野菜と鶏肉取るようにメモ書いてくれているじゃん!(不満げ)
これやった方がいいんじゃないの?」

私の反応・・・「う~ん」

この流している風な私の反応で夫は
「まっ、おまかせするよ。適当にやって」ですってぇ~(笑)

最初はぶつぶつ文句を言われ離乳食のことで喧嘩もしましたが
月日が流れ彼も諦めた様子。これでうるさく言われなくなるぞぉ。

きっと義父母も実は心配しているでしょうね。
義母は近所の人の子はこうやっているあぁやっていると
いろいろ私に話をしますもの。
でも隣りで義父が「ロ~サ~!!!(義母の名前ROSA)」と
とやかく言うのを止めろと言わんばかりに義母の名前を呼んで
果てしない彼女の話を止めてくれます。
彼は人それぞれであること、人のことに他人がとやかく口を出す
ものではない!と考える人なのです。尊敬!
ご立派な義父です。

さぁ~て8月は8日間程旅行に出るので離乳食をどうするのか
考えています。店で売っている既製品の離乳食を使わずに
ホテルでできること。
ハンドミキサーを持っていこうかどうか考えています。
一緒に旅行する友達の子は7ヶ月にして日に3回食。
ベイビークックという優れた離乳食用調理器具を持っていくようなので
一緒に作らせてもらえそう。まぁ心配はないでしょう。

どうにかなるさ!
最近は深く考えないようにしている新米かあちゃんです。
(考えるとど~んと深みにはまってナーバスになってしまうので)
セルフコントロール!頑張ろう!

下の写真は奥がうちの小娘ちゃん、手前が7ヶ月になるお友達の子です。

a0048817_17174246.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2007-07-28 17:13 | 気ままな日常

大停電

今週の火曜日だったかな!?
バルセロナで大規模な停電が起こりました。
(エリアによって停電だったり大丈夫だったりで
バルセロナ全域ではありません)

どこかで火災が起こってそれが原因で停電が
起こった・・・とかなんとか。
(おい、おい、しっかりニュースチェックしろよ)

朝10時頃から起こっていたようだけど
私達は午後20時頃自宅に着いてから気がつきました。
あらびっくり!マンションのエレベーターが動かない!
ベビーカーがあるからエレベーターが動かないと困ります。
うちは日本でいう3階、スペインでは2階に住んでいます。

急いで懐中電灯とろうそくを買いに行き非常事態に備えました。
22時まで外が明るいからそれまでに必要なことを済ませ、
その後はなぁ~にもできないから家族3人で川の字になって
ベットにごろ~ん。

たまにはこんな風に過ごすのもいいもんね♪と思いながら
ごろごろ~としていると、停電が復旧しないことに怒り出した人々が

お鍋をカンカン鳴らし始めた!
車の人達はクラクションを鳴らし始めた!
とにかく大きな音をたて始めた!


気持ちはわかるけどカンカンやったところで復旧するわけでもないし・・・
電気会社の人達だって頑張っているんだろうし・・・
私はやれやれと諦めの精神で騒音にもかかわらず眠りにつきました。
ちなみに小娘ちゃんはカンカンが始まる前には寝付いていました。

うちは翌朝には電気復旧しましたが
中には2日間、3日間と電気がないまま過ごした地区もありました。
お店やレストランなど商売にならず大きな被害が出たようです。
冷蔵庫の中のものを捨てることになってしまった友達も数人いました。

普段当たり前に使える冷蔵庫、当たり前に出る熱いお湯、
使えなくなることは非常に困るんだぁということを改めて実感。
非常時に普段から備えたり、心の準備をしたりすることが
必要なのかもしれないと思いました。
[PR]
by cafeteriario | 2007-07-28 02:25 | 気ままな日常