かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:子育て( 26 )

Castañada

10月31日Castañada カスタニャーダ といって
いわゆるスペインでのハロウィーンの日でした。

11月1日もtodos los santosといって聖人たちの日。
この時期にお墓参りにいく習慣があるので
きっと日本のお盆のような亡くなった人たちを弔う日なのでしょうね。
因みに祝日です。

というわけで今週は保育園で楽しい行事がありました。

29日(木)お菓子作り
30日(金)ちょっとしたパレード&歌う

カスタニャーダでは栗やさつもりを食べたり、パナジェッツというお菓子
を食べます。松の実がトッピングされた丸いお菓子です。
写真を撮っていませんが(ごめんなさい)保育園で子供達と手作りしました。

ゆでたじゃか芋(さつまいもベースがポピュラーなようです)
に砂糖と粉々のアーモンドを混ぜて、コネコネして丸くします。
そこに松の実をトッピングしてオーブンでこんがり焼くとできます。

簡単でびっくりしました(笑)

だってお店で買うともの凄く高いのです。
義母が20個くらい500~600グラムを24ユーロで買ったそうです。

来年は頑張って手作りしてインダ君実家へ持っていこうかな?(本当か?)

金曜日のパレード&お歌は写真があるので載せます。

このおばちゃんがカスタニェーラ。栗を売るおばちゃんてことだと思います。
1週間前から保育園の入り口にいたので毎朝おはよう!と声をかけていました。

a0048817_355019.jpg


子供達がカスタニェーラの格好をして外に出ます。

a0048817_381763.jpg


うちにはこんなバンダナしかなかったので、小娘ちゃんの栗売りファッションが
もうめちゃくちゃ。(ごめんよー適当なかあちゃんで!)
一番仲が良いらしいマリアと一緒に。マリアは素敵な栗売りおばちゃんになっています。

a0048817_394957.jpg


a0048817_3122476.jpg


一緒に写っているのがP2クラスのサラ先生。
とっても明るくて元気いっぱい。私は保育園のことでわからないことがたくさんあるので
先生には大変お世話になっています。

a0048817_3133864.jpg


こうして1つ1つの行事を通して、小娘ちゃんから幸せをもらっている気がします。
手を繋いで一緒に歩いたり、お菓子を作ったり、歌を歌ったり、
これら1つ1つのことが貴重な体験でありがたいなぁと思います。

次は何の行事かな?クリスマス頃に何かあるのかしら?
楽しみ。できる限り参加するようにしています。

カスタニェーラの歌
[PR]
by cafeteriario | 2009-11-02 03:19 | 子育て

トイレトレーニング 完

5月11日にトイレトレーニングその2と題して
小娘ちゃんの様子を書きました。

その後は5月下旬にはオムツを取ってパンツで保育園に行くようになりました。
6月いっぱいまではお昼寝時間にはオムツをつけてもらっていましたが
それも取れました。今は夜寝るときだけオムツしています。

おっしこ~ うんち~

と教えてくれるのでありがたい。

時々遊びに集中している時は家の中でおもらししますけどね(笑)
まぁそれはよしとして気にしていません。
(どこでおしっこするべきかしっかり教えますけどね)

週末に1日外出する時はパンツ・ズボン・上着と3組は持ち歩きます。

最初は外出する度に私自身がちょっとナーバスでした。

「トイレない所でおしっこ~って言われたらどうしよう?」
「車の中でおもらししたらどうしよう?」

でもそんなことで母親が不安がってどうする?と自分に言い聞かせて
今はそんな気持ちはどっかへ行ってしまい
まだ2歳で小さいから最悪その辺の外でおしっこすることになっても仕方ない!
と割り切っています。

なんとかなるもんだぁ!

ビーチに行った時はその場でおしっこして砂をかけました(笑)

夜のオムツはまだ取る予定ありませんが
様子を見て取れるタイミングを待ちます。
[PR]
by CAFETERIARIO | 2009-07-10 03:13 | 子育て

保育園イベント

5月9日土曜日に保育園でイベントがありました。

なんと自転車、バイク、車などを持ち寄ってレースが行われたのです!

a0048817_225118.jpg


ごめんよ、小娘ちゃん!
おもちゃの乗る車持っているのに持っていかなかった母を許してくれ!
カタラン語だったから事前に一体何をやるのかしっかり理解していなかった私(汗)

インダ君も保育園のお手紙に目を通したのに
うわのそらで読むからなぁ~ 
インダ君はカタラン人ですよ!!!!
おとうちゃん、頼むよ!

a0048817_22553743.jpg


でもクラスメートのONAちゃんが一緒いやらせてくれました。
ONAちゃんママとても優しくて代わりばんこに仕切ってお世話してくれました。
こういうところスペイン人は優しい人多いなぁと思います。

友達の子供達なら別だけど、私はあまり知らない他人の子には
どう接していいか戸惑う時あるなぁ。
突然なれなれしく近づいてもいいのかなぁとか考えちゃう。
こういうところとっても内気な自分。もっとオープンになってもいいのかな?
スペイン人が羨ましい・・・・
保育園ママ達は普段接する場面なんてなくて、朝すれ違って挨拶するくらいなのに
こういうイベントの時は優しい人たくさんいます。

レース以外にもたくさんアクティビティがありました。

ボーリング大会!
この先生は昨年小娘ちゃんの副担任だったOLGA先生。
ルックスがかわいい~

a0048817_2303051.jpg


お庭で植木を植えよう!
小娘ちゃんの大好きなGENMMA先生
去年も今年も同じ先生にお世話になっています。

a0048817_2364617.jpg


a0048817_2335154.jpg


a0048817_2342365.jpg


その他お話を聞いたりもしました。

a0048817_2355279.jpg


今回初めて小娘ちゃんがクラスメートと接するところを見ました。
やっぱり毎日会っているだけに仲良く手をつないだりキスしたり抱きしめあったり
する場面を見るとあ~子供達ってなんてかわいいんだろうって思います。

保育園という外の世界があって普段見れない小娘ちゃんの顔が見れました。
本人が楽しそうだから親である私やインダ君はとても満足しています。
[PR]
by cafeteriario | 2009-05-13 23:13 | 子育て

トイレトレーニング その2

まだ完全にオムツを取っていないトレーニングをやっていますが
新たに朝起きたら「おまる」に座らせることをはじめました。

これまた親の都合で朝は何もしていなかった私。

朝私は6時15分頃起床
その後シャワーを浴びて、着替え、お化粧等々でかける準備をします。
6時半頃インダ君が起きて、シャワー等々外出準備。
私がだいたい準備できる6時45分くらいに小娘ちゃんを起こします。

半分寝ている状態で着替えをして、嫌がらなければミルクを飲みます。
だいたいは寝起きで機嫌が悪く、だっこ~だっこ~と泣いています。

そして3人そろって7時頃には家を出ます。

こんな風な朝なのでおしっこをさせるなんてぇ~ ひゃぁ~って思っていました。

いけませんね!

ちょっと早く起こして、「さぁ~おしっこして、着替えて、保育園へ行こう!」
と声をかけて座らせるようにしました。

今のところ2回しかやっていませんが、おまるでおしっこしてくれます。

もぉ朝から「小娘ちゃん!おしっこにバイバイしよう」!と声をかけて
トイレにおまるにしたおしっこを一緒に流しに行くのが自分でちょっと笑えます。
(私って何しているんだろうと思っちゃって。)

おしっこできると、

「できたねぇ~」 って言って小娘ちゃんとパッチンと手を合わせ
ぎゅ~~~っと抱きしめます。

これを朝の6時だいでやるのも・・・・
まぁ大事な娘のため、一緒におしっこできて喜びを分かち合っています。

続くといいなぁ~

はっきり言ってこれは私次第。
親が頑張らないと!

がんばります~~~
[PR]
by cafeteriario | 2009-05-11 23:21 | 子育て

トイレトレーニング

またまた時間が流れ過ぎて久しぶりのブログ書きとなってしまいました(涙)

相変わらずの毎日で精一杯日常生活を送っています。
4月に母が12日間くらい来たので一緒に旅行に出たりして
なんだかんだとあっという間に5月。そんな感じです。

さてさてタイトルに書きましたが
そろそろトイレトレーニングを本格的にやろうとしているところです。

これがまたやや不安になりそうな事柄なんです。
いろいろ情報を読んだり、人から体験談を聞いたりしていると
なんだか余計にう~んと考えてしまいます。

まず、保育園で小娘ちゃんのクラスが1月頃から
「おまる」に座る練習を始めました。

その頃から保育園で座る練習を始めたなら自宅でも
何かやった方が良いと思って日本で買ったアンパンマン便座に座らせました。

これが小娘ちゃんには喜んでもらえませんでした。

次にIKEAで1ユーロ95セントくらいで「おまる」が売っていたので
おまるを購入しました。
(最初は邪魔になるから欲しくなかった!←完全に親の都合)

これが小娘ちゃんのハートをキャッチ!

保育園でやっているから小娘ちゃん喜んで座りました!

それでも2月~5月までは寒いし自宅では本当にオムツを取るつもりでは
使っていませんでした。

最近は暑くなってきたしそろそろ始める頃かなぁと思って
1週間前から午後自宅に帰るとおむつを取って午後から夜だけ
トレーニングをやっていました。

でもこれって中途半端なトレーニングでは????????と
気がついて・・・・・

それならぁもうとっちゃえぇぇぇぇぇ~と思って
保育園の先生に相談したところ
保育園としては「本人がおしっこ~と親に伝えることできるようになったら」
というのが基準で、それができる段階になったら週末にオムツを付けないで
様子を見て大丈夫なようだったら月曜日から保育園でもオムツなしで過ごし始める
ということを言われました。

うぅぅぅぅっっっ・・・・・勢いよく決心したのに・・・

小娘ちゃんがまだ自分でおしっこしたいと伝える段階に達しているかどうか?
言ってくれたり、おもらしして濡れてから私に教えてくれたりという状態です。

私も時計をみながら小娘ちゃんには「おっしこしたい?」って聞いて
ずっと「おしっこ」ペンディングでいます。

来週末には完全にオムツを取ってパンツで過ごしてみようと思っています。
さてどうなるか?その様子を見て、先生と話をしてタイミングを決めようと思います。

いろいろな人の体験談は参考になるけれど、やっぱりトイレトレーニングも
個人差があるでしょうね。焦らず私達のペースで、でもしっかりと頑張ってみようと
思います。

あ~どうなることのやら。

小娘ちゃんの素敵な後ろ姿!

a0048817_3275570.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2009-05-10 03:53 | 子育て

遊園地

3月14日のことですがバルセロナにある遊園地
「TIBIDABO」へ行きました。

a0048817_139830.jpg


朝起きると快晴の土曜日。

午前中は学校見学の予定が入っていましたが
それで終わるにはもったいない土曜日!

インターネットでチケットをチェックすると
のり放題チケット25ユーロ(これは高い!)以外に
乗り物は限られるけれど11ユーロの入場券があることがわかりました。

この値段なら「行く気になる!笑」ということで
友達に声をかけ一緒に行ってきました。

a0048817_1352199.jpg


こんな素敵な風景がこの遊園地から見えます。
これだけでも行った価値があります!

最初子供達は乗り物よりも走り回ることに集中して
同じところをグルグル回っていました(やれやれ・・・汗)

a0048817_1415078.jpg


一体何周したのか?
その場を離れたがらないので私達はコーヒーを買ってきて
見張りなが飲んで、しばらく黄昏ていました(笑)

何もなくても120%楽しめるなんて恐るべし子供!
尊敬します(笑)

その後は・・・

小娘ちゃんはお父ちゃんとメリーゴーランドを一緒に乗りました。

a0048817_201327.jpg


私はちょっぴり高所恐怖症なので怖くて乗れない乗り物もありました。
この遊園地が山の上にあるため下にバルセロナの街が見渡せて綺麗なのですが
乗り物の上から見るこの風景が怖いのですよ・・・(汗)

a0048817_241644.jpg


a0048817_253429.jpg


大人チームが乗りたいというので私は子供達の見張り番やる!と言って
待っていました(笑)

時間にしたらたった4時間程度しかいませんでしたが楽しい時間を過ごせました。

小さい子供達用の小さい乗り物コーナーや遊び場があります。
もう少し大きい子にはちょっとしたアスレチック風な大きな滑り台がありました。

期待しないで行ったわりには「この遊園地いいぞ!また来るぞ!」と
私は嬉しい気持ちになりました。

2歳児にでも十分楽しめる遊園地でした。
a0048817_2111436.jpg

[PR]
by cafeteriario | 2009-03-31 02:14 | 子育て

学校見学その4

3月14日(土)またまた学校見学へ行って来ました。

ここは近所では評判が良いといわれている半私立の学校です。
(家から近いので30ポイント付く学校)

3歳から18歳までのコースがあり、さらに専門学校もあるというマンモス校。
全校生徒が約2400人ですって。

ここの学校は日本の学校のような大きな校舎で敷地も広い。
建物も大きく3つに分かれているし、校庭も小さい子用が分けてあります。

大きい学校だけに組織がしっかりしているし、設備もしっかりしている印象でした。

校庭の日当たり良好!!!(これは嬉しい)

ただし!カトリック。

一番最初に校内にある大きなホールで校長先生からの学校説明を聞きました。

強調していたのが「カタランの学校であること」「カトリックの学校であること」

まぁ説明を聞いたところであまりピーンとこない。
私立系の学校はカトリックのところが多いらしい。
はっきり言って私にはよくわかりません。

校内にカピージャ(お祈りとかする教会みたいなお部屋)
があったし、小さい子供達はカピージャには行かないそうで、
カピージャに代わる別の部屋がありました。
きっとカトリック系の宗教行事とか熱心に行われるのでしょうね。

学校を見れば見るほど、どうやって学校を選んだらいいのだろうか?
って思います。

宗教色が強い学校へ行ったからといって敬けんなカトリック信者になるわけでは
ないみたいだし・・・そういう意味では基本「宗教は自由」なんだろうか?

でも校長先生、その後話しをした3~5歳クラス担当のディレクトールも
雰囲気は保守的な堅い雰囲気のクラッシックな感じの人達でした。
(これは個人的な勝手な印象です)

この学校は人気があるそうで、兄弟がいない人はポイントが低いし入れない可能性大。
3歳のクラスは1クラス25人で3クラスあるそう。

今年の学校見学はこれで終了。
参考までに4つ見ました。

これからは時間がある時にHPをチェックしたりしようと思います。
エリア外の学校を見に行っていないけど情報を集めて来年に備えたいです。

本当はバルセロナ市中心で学校を探したい・・・・通勤途中なので・・・・
なぁ~んてこれは親の勝手な注文。だめかなぁ・・・
サグラダファミリア周辺の学校はチェックしたいです。

あまり悩まないで明るく前向きに学校選びに望みたい!!!
できるだろうか?っていうのが今の本音だけれど、
「なるようにしかならない!」
悩まないように明るくがんばるぞ!
[PR]
by cafeteriario | 2009-03-16 05:20 | 子育て

校庭ってどこまで大事なの?

最近のお友達との会話は「学校見学」や「学校」のことばかり。

互いに不安だから今年から見学を始めていろいろ情報交換をしています。

話題にあがったのが「校庭」

バルセロナ市内の学校は日本の小学校と違って

大きな体育館・プール・広い校庭

なぁ~んてある方が少ないのでは?という様子。

きっとあるだろうけど、前回ブログに書いたような日の当たらない校庭だったり、
屋上にフェンスをはってそれらしい場所を設けている学校がよくあります。
街中だから仕方ないけど、日本人の私の感覚からしたら
やっぱり広い校庭でおもいっきり走り回るという光景を思い描いてしまう。

そして土の校庭で小娘ちゃんを遊ばせてあげたいなぁ~んて
思っちゃったりしてね。

校庭だけ見て学校を選べないし、ポイントがつく学区域にたまたま
広い校庭を持っている学校が入っていなければ必然的に
「なし」になってしまうだろうし。

どこまで妥協するべきなんだろう?
どれだけ大事なんだろう?

って疑問がわきます。

こんなことを考えていたら朝日テレビのレポーター兼デレクターの方が
書いた記事に出会いました。

宮嶋泰子さんのページ

テーマは運動能力の発達と脳の発達の関連
なんだけれど面白いことがいろいろ書いてあります。

やっぱりおもいっきり運動できる環境は大事なんだろうなぁと再確認。

どこの学校でも広い校庭があるわけではないから理想と現実が離れている。

難しいなぁ。
[PR]
by cafeteriario | 2009-03-08 16:56 | 子育て

学校見学その3

2月28日(土)うちから一番近い学校を見学してきました。
インダ君初学校見学です。

ここは徒歩5分にあるコンセルタド

とても近いし良いのですがお庭の条件が悪い。

通りから少ししか覗けないけれど
この学校は通るたびに庭は絶対に日陰だよなぁと思っていたところです。

校内を自由に見学し、その後小さいグループごとに先生が実際の教室で
詳しい学校説明をしてくれました。

やっぱりお庭はマンションに囲まれた中にあって
頭の上は住人のベランダ。洗濯物が干してあるのが丸見え。
鳩もきていたりして黴菌が心配されます。

日が当たる時間帯があるのか?
疑問を持ってしまいます。
(後ですっかり忘れてこの点を質問すること忘れてしまいました)

先生は熱心にいろいろなことをわかりやすく説明してくれて好印象。

あっ因みに他の人がスペイン語で説明するよう頼んだので
スペイン語ですべて説明してくれました。

教室もとても綺麗で1クラス25人。
各学年とも5歳までは1クラス25人の1クラスのみ。
小さい規模の学校で私好み(笑)

お庭以外の部分は全体的に好印象な学校でした。

今回は他のお母さん達の質問が面白かったです。

その中でおいおい、と思った可笑しな質問が
「3歳でまだ自分でジャケットを着ることができない子には先生が
助けてくれますか」

先生は「もちろんです」

このお母さん「着ることができない子はそのまま寒い冬でも着ないままで
外に出されてそのままにされるって聞いたので・・・」

あり得ないだろう!

先生目が点になっていました(笑)

これら質問を通して参考になることがたくさんありました。

たとえば3歳児のクラスはお昼寝するけど4歳からはないとか、
プールはあるのか、郊外学習についてとか、みなさん熱心です。

「なるほど!」と思う面白い学校見学となりました。

こうやって選択肢に入る学校は全部見る予定です。
第一希望がはずれて、第二希望、それもはずれてたらいまわしにされる
という恐ろしいこともなきにしもあらずだということだそうです。

うちはコンセルタドに入れたいけど上記の理由で公立学校もみるつもりです。
念のため最終手段のプライベート校も少しは見ておかないと・・・・
あ~緊張の学校選びです。

引き続き学校見学してきます。
[PR]
by cafeteriario | 2009-03-01 18:52 | 子育て

学校見学その2

2月26日にお友達が学校見学に行くというので
エリア外の公立学校ですが一緒に行ってきました。

大人3人・子供3人で行ってきましたが
この学校はいきなり最初から説明会。

狭い教室にあふれるほどの人数が入って熱気もあったのか、
ごそごそ動く小娘ちゃんを抱っこしたり下ろしたりで暑くなったのか
汗が流れ程の暑さでした。

カタラン語の説明で全部はわからないけれど
大きなスクリーンに説明していることの要約が映されていたので
なんとなくわかりました。
でも小娘ちゃんを抱っこしていたせいで集中して聞けませんでした(笑)

だってやれ水飲みたい・クッキー食べたいなんていわれるし
クッキーだって食べ終わっちゃえばじっとしていられない。
子供達からしたら無理な状況でしたね(笑)

今回の教訓!
子連れで行くと説明会なんてちっとも集中して聞けない。
(当たり前か!?)
夫婦同伴で行くか誰かに子供を見てもらって自分だけ行く。

お友達たちも子供が落ち着かないから教室を抜けて
私もしばらくしてから教室を出ました。
なんと!小娘ちゃんがハッピーバースデーの歌を歌いだしてしまいこれはもう大変。
かあちゃん汗だくで疲れ果てていたよ。

この学校は説明会を途中で抜け出したし
校内見学もできませんでした。

なんとなく聞いていた説明の中で私は1つだけ改めて驚いた点があります。
それは使用言語が100%カタラン語だということ。

公立学校だから当たり前なんだけど・・・

きっともっと大きい子のクラスになるとスペイン語のクラスもあるのかしら?
なんかあえて全部カタラン語だと言われると
「へぇ~世界から見たらカタラン語なんてここでしか使われていないのになぁ」
と私は思ってしまう。

今行っている保育園の教育方針は3言語。
カタラン語・スペイン語・英語

もちろんカタラン語がメインだけどスペイン語の歌も取り入れていたりミックスしています。

だからあえて全部カタラン語ですって言われることに私が抵抗があるのかな?
3歳からは義務教育になるからこういう点が違ってくるもかもしれない。
又は学校にもよるだろうし。

どこまでの範囲で全部カタラン語なのか?

なんだかわかってはいたけれど説明会でしっかり言語のことを言われて
改めて驚いてしまいました。
まぁここでも「郷に入りては郷に従え」ということで受け入れますけどね。

今回の見学会は殆ど聞けなかったわりには
この言語について今後注目しよう!というきっかけになりました。
[PR]
by cafeteriario | 2009-03-01 18:12 | 子育て