かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

会社のクリスマスディナー

昨日の夜は恒例の会社クリスマスディナー会でした。

これはこの時期スペインの習慣です。
会社負担でレストランで盛大にやります。
今回はプレゼントの抽選会もあってそれなりに場がもりあがりました。

1等 家庭用コーヒーマシーン
2等 携帯電話
3等 Tシャツ、ポロシャツ

私、Tシャツが当たりました!わぁ~お。めでたい。
でもね、Tシャツは大量にあったため殆どみんな当選。
(しかも会社にあるコーヒー自販機の会社のTシャツで
とても外には出歩けないデザイン→パジャマ化するでしょうな)

気がつくと今年は日本人スタッフが殆ど参加していなくてびっくり。
仲良くしている子達が休暇中で不在ってのもあるけど、
みんな予定が入っていたのかな?
おいおい、現地採用のスタッフは私だけだったぞ。
まぁいいんだけれども・・・(うじうじ・・・)

社内でも小心者の私はこういう時に同じテーブルにつく人を
選ばないとだめなので(笑)
同じ部署の同僚にぴったり寄り添いました♪

勤続6年目になるくせに今だにこうな私。
もっとがんばれ自分!(笑)
ベテランなんて言われたらもぅ恥ずかしくて隠れたくなります(笑)

さてさて同じ部署にはたくさんのお兄さん・おじさんもいるので
彼らがいつも優しくしてくれます。
昨日の夜も普段はゆっくり話せないおじさんとも話しができたり、
殆ど話しをしたことない人とも交流ができたりと良い機会となりました。

普段意識することはできるだけスペイン人スタッフ達と交流を
しようということ。どんな人相手にも「Hola、Hola, Hola」って
声をかけます。自分が臆病な分意識して挨拶して、軽くお天気の話なんかします。
仕事上、社内スタッフとのコミュニケーションが大事なのです。
おじちゃん・お兄ちゃん達と上手くやらないといけないのです。

こちらから声をかけると次は向こうから声をかけてくれて
それが積み重なって少しずつ慣れていくというわけです。
基本的に彼らはフレンドリーですが日本人にはやっぱり壁があるわけで・・・
悪い意味ではないですよ、彼らもどうやって接していいかわからないのでしょうね。
だから私の場合はこちらから近づいていくわけです。
但し、だからといってみんなに愛嬌を振りまくわけではないです。
傲慢な人や人間として尊敬できない人には挨拶程度でおさえ必要以上に
関わりません(笑)

やっぱり同じ地球の人間として基本的な部分は一緒ですからね。
気持ちが伝わる時は伝わります。
昨日は普段しゃべらないおじちゃんに「いつもありがとう☆RIOは優しいね」って。
他の部署に傲慢ねぇちゃんがいるからその人と比べたらしいです(笑)

帰りのタクシーの中でおじちゃんの一言を思い出して、
嬉しくて泣きそうになりました。今まで頑張ってきてよかったと。

あ~気持ちの良い夜となりました。

また来週から仕事にもまれて人生の修行を頑張ります。
[PR]
by cafeteriario | 2007-12-22 20:14 | 気ままな日常