かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

離乳食

うちの小娘さん5月27日で4ヶ月になりました。

小児科の先生のアドバイスでいよいよ離乳食開始です。
先生はフルーツから始めましょうと言うけれど、かあちゃんである私は、
「それって早すぎないの?」と疑問視。

素人のくせに生意気なのですが、日本人である私は

日本式離乳食の習慣を
上手く取り入れたい!


先生が言うフルーツとは

オレンジジュース
りんご
バナナ
洋ナシ

上記をどろどろにしたものを“小娘さんが嫌がるまでの量食べさせる”というもの。

周りのスペイン人の友達の赤ちゃんはシリアルをミルクに混ぜたものから開始で
5ヶ月からフルーツを食べています。

うちの場合、毎日うんちが出ているからという理由でフルーツです。

でも!ネットでスペインに暮らしている日本人ママのアドバイスを参考に
いろいろ考え、スタディした結果、
4ヶ月であるうちの小娘さんにはスプーンを使って果汁や野菜スープを与えて
準備期間&新しい味を知るということにしました。

栄養はまだまだミルクから摂取する時期であることは変わりないし、
順調に育っているので、いきなりフルーツなんて与えなくても
体重変化に大きな影響はないと想像します。

これがうちの夫に大反対くらいましたけど・・・(笑)
喧嘩しつつも、しっかり説明しました。だいぶ無理やりなところあったけど(笑)

「でたぁ~日本人!」だって。おいおいなんだよそれ!
あたりまえだろうぅ~ 何年バルセロナに住んでいたって
わたくしは100%日本人ですもの!

だって彼は何も勉強せず他を参考にせず小児科医が言ったことが100%という考え。
もちろん私だって先生を信じていろいろやっています。
でもでも離乳食はいろいろ考え方があるし、その国での習慣は違うもの。
スペイン式から道をそらして罪なことはないはずです。

母親である私が子供の様子を見つつスペイン式、日本式といろいろ
取り入れるのは良いことだと思います。

スペイン人(夫)は頭が固いんだよ~(私の本音)
もうちょっとフレキシブルにいろいろ様子を見て考えて欲しい!

離乳食開始について、夫と軽く喧嘩して、私の考えをいろいろ伝えました!
彼は聞き入れたというより、うるさい私を面倒がって流しているという感じですけどね。

こうやって子育ては家族でいろいろ話をして一緒にやっていきたいです。

夫に果汁を飲む小娘さんの姿を「見て!見て!見て!」と言って
わが子の頑張る姿を見てもらっています。
[PR]
by cafeteriario | 2007-05-31 19:38 | 気ままな日常