かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

近所のcarrefour

今日は散歩を頑張りました!
2時間近く歩いたぞ!(偉い!偉い!)

地下鉄2駅先の所にあるショッピングセンターまで往復歩いて、
もちろんショッピングセンター内をふらふらしていました。

まぁ1番の目的はcarrefour
(カレフールというフランス系巨大スーパーマーケット)
で買った食器洗い機の保証書にお店の印を押してもらうためです。
2ヶ月も前に買ったのに私達ってばまだ行っていませんでした。
(いつもこんな調子で何をやるにも遅い私達・・・)
こちらの習慣としては、買ってから製品の調子を見て問題がなければ
買った店にまた行って印を押してもらう。
そして無事メーカーの保証がつくというシステムです。

やっと食器洗い機の2年間保証をゲットしました!(安心)

ところで、バルセロナでは大型スーパーの入り口にはスタッフや警備員
がいて行き来する人達の手荷物に目を光らせています。
他の店で買った袋のままや大きなかばんのままでは入れてくれません。
ロッカーに入れたり、その手荷物に大きなビニールをかぶせて口を閉め
ます。

ところで今日このcarrefourの入り口で驚く場面を目撃しました。

南米系の警備員が他の店の大きなビニール袋をぶらさげて売り場から
出てきたモロッコ人に声をかけた瞬間、モロッコ人が、

「ファッキン シット!(その後スペイン語で)
何か言えよ話かけろよ「すみません」とか言って声をかけられないのかよ!」

突然大きな声で警備員に怒鳴りちらしました。
英語でファッキンシットなんて言われるし、突然のことに驚いた警備員は
オロオロして弱弱しい姿になっていました。

きっとこの警備員は無言でその手にもっているビニールの中身みせろよ!
とジェスチャーしたんでしょうね。その態度に激怒したモロッコ人。
そしてきっと何か盗んだりしていないか疑われる雰囲気にも激怒なんで
しょうね。(って彼らは一般的に悪さする奴らが多いから仕方ないけどね)

ひゃぁ~ 怖い~ 何もそんな興奮しなくていいのに~
周りの人達も「ありゃりゃぁぁぁ」と振り向いて見ていました。

最近移民が多いスペイン。バルセロナもだいぶ変わりました。
南米、モロッコ、ルーマニア、アフリカ、中国などなど・・・
すごいことになっていますよ。
地下鉄なんて線によっては「スペイン人どこにいるの?」って時もあるくらい。

これに伴っていろいろな問題が発生して複雑な状況となっている
今日このごろなスペインです。

怖いことだけはかんべんだわ~
[PR]
by cafeteriario | 2007-01-19 19:38 | 気ままな日常