かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

37週目検診

今日15日は病院へ検診に行ってきました。

赤ちゃんの頭は下がってきて骨盤にはまっている状態になり、
先生に「すべて完璧!」と太鼓判を押されました!
そしてまだいきなり生まれる様子はないようです。安心(ほぉっ)

先生に「出産が怖いよぉ~」とふざけたことを訴えると
先生はきっぱり「全く問題ないから大丈夫!」
とこれまた力強いお言葉を頂き、私はあっさりと「そうかぁ~」とは
思いながらもやっぱり夜になるといろいろ悶々としてしまいます。

やっぱり怖いよぉ~


今回はエコーはやらず、久しぶりに下半身スッポンポンでの検診でした。
触診ってやつです。
久しぶりのスッポンポンで着替えの時はドキドキで、「お顔赤い」私でしたが
いざ検診台に乗るとど~んとこいで恥ずかしさは一切なくなります。
って当たり前よね。

スッポンポン状態で緑色の薄い布紙みたいのを腰に巻くけれど、
今回は前に向けても後ろに向けてもお腹が大きいせいで
布が届かなくて隠したい部分が隠せない!!!

もぉ~これにはさすがに自分で笑ってしまいました。
まぁ検診台にのれば布なんて関係ない。
先生にすべておまかせ状態です。

聞いた話によると日本では先生と自分との間に壁みたいのがあって
先生がいる側が見えないとか!?
お恥ずかしい姿が先生にあまり見えないようにするため?
プライバシーを守るような意識からなのかな?

私の病院ではそんな壁なんてありませんよぉ~
先生とインダ君と3人でいろいろお話をしながら検診してもらいます。
まぁインダ君は私の頭の辺りにいて見守ってくれます。

下半身スッポンポン、そして靴下と靴はそのままで足を例のものに
乗せるわけですが、私はこの靴下・靴のままっていうのが滑稽で
自分で自分の姿を笑ってしまいます。

だって変でしょう!そんな格好!

夏はこれが素足にサンダルだったりしたわけです。
先生に靴脱いだ方がいいか聞いたら、脱ぐ必要ないって。
私だけがこの姿に過剰に反応しているようです。
でも笑える。クスクス・・・

スペインに来て以来、恥ずかしいと思う場面でも恥ずかしいと
思わなくなりました。だってスペイン人がとっても自然体だから
いろいろなことを自然に受け入れることができます。
これはとっても気にいっている点です。
しょせんみんな付いているものは一緒なんだからね。

というわけで変はところで度胸がすわって、変はところで怖がる
今日このごろですが、安心して検診を終えました。
[PR]
by cafeteriario | 2007-01-15 03:16 | 気ままな日常