かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

かふぇてりあ RIO No.20 「おいこら!それは違うだろう!?」 

私は日ごろからコラムのネタになるような面白いことを見逃さないように心が
けています。今回は多くのネタの中からずっと書きたかった私が見た「おいこら
!それは違うだろう!?」ということを話題にしようと思います。

 習慣の違いからくる驚きと怒りを覚える場面が在住4年経った今でもいくつか
あります。主な例は以下の通りです。

 ゴミのポイ捨て
 タバコの吸殻不始末及びポイ捨て

 これらは日本でも目にしますが、見かける頻度が日本のそれとは比べ物になり
ません。車の窓から、歩きながらポイ・ポイ・ポ~イと紙くずなどが捨てられま
す。タバコについては、火がついたままのポイ捨てをよく見かけます。バルでは
灰皿がないと灰や吸殻を床へ落とす人が多いです。
悲しいことですがこれらの行為はなんとなく時間と共に怒りが薄れ見慣れてし
まっています。怒りを覚えたところで自分のストレスになるだけで何も状況は変
わりませんから、仕方がないと納得する努力をしています。

 でも1つだけ納得する努力すらできない「おいこら!それは違うだろう!?」
という場面があります。それはスーパーで買物しながらジュースやスナックなど
支払いを済ませる前に食べている人です。そしてその中の何人の人達が空き箱を
レジに持って行って支払いをするのか大いに疑問です。

 日本では見たことがなかった場面だけにひっくり返りそうになるくらい驚きま
した。しかも一番最初に見かけた人はヨーグルトを食べていたのです。ヨーグル
トですよありえません。スプーンがないのでその人は500グラム大容器のヨー
グルトを口に流し込んでいました。

 誤解がないように最初に付け加えておきますが、どこのスーパーでも見かける
わけではありません。ごく一部の人達が行うだけであって大勢の人達が普通に
やっていることではありません。ただ私の中で今まで見たことない光景だけに小
数の行為であっても強く印象付いているということです。

 私が見かけるのはバルセロナ市内から6~7KM離れている隣町のとある大型
スーパー。大きなカート一杯に食品を大量にまとめ買いする光景がたくさん見ら
れます。その中にカートを押しながらジュースをゴクゴク、ドーナツをパクパ
ク、スナックを家族で回してゴソゴソ食べている人が時々いるのです!!!

 小さい子供が食べていると、「お腹が空いてどうしても我慢ができなかったの
かな?」とも思えますし、水を飲んでいる人を見た時は、「どうしても喉が乾い
て我慢できなかったのかな?」とも想像しました。
自分を納得させようと良い方向へと理解しようとしましたがダメでした。
これらの光景を見ていると、ただで飲み食いしているだけの光景にしか映りませ
ん。

 先日久しぶりに目撃した場面は年の程は40代のカップルです。
男性が携帯で話をしながら1リットルのオレンジジュースをゴクゴク飲んでいる
ではありませんか。

 買物中にまだ支払いをしていない物は自分のものではありません。
私はお店に対して尊敬がないと思うので怒りを覚えます。

 この男性は連れの女性にも渡して二人で1リットルあっという間に飲み干しま
した。この人達絶対払わないだろうなぁと直感した私は飲み終わるまで目で追っ
ていました。(離れたところから激しく視線を送ってみましたが気がついてもら
えませんでした。)そしたら案の定!野菜コーナーにある柱の影に空いたペット
ボトルを隠しました。

 私は見ましたよ。

 だが彼等は何もなかったように去っていきました。

 が~ん!私はショックです。世の中にこんなにずうずうしい人達が存在する事
実にショックを受けます。どうして長電話している携帯電話代は節約しないの
に、スーパーでただ食いするのか?
お金がなくて買えないからという理由ではないはずです。
大勢人がいる中でどうどうと行っていることも私は怒りを覚えます。

 一番ショックな光景は親が子供に飲み終わった容器を影に隠すよう指示してい
る場面を目撃した時です。これは外国人でしたが母親が子供に指示するんです
よ。この子供はどのように育つのでしょう。自分の物と人の物との区別がつかな
い子になるかもしれません。

 こうやって私一人がやきもきしていても解決しない問題ですが本当に驚く光景
です。このスーパーでは必ず目撃します。行くのをやめればいいのでしょうか。
それがイライラ防止の唯一の解決方法だとしたらそれもまた悲しいことですよ
ね。「おいこら!それは違うだろう!?」と思うだけで実際見て見ぬふりをして
いる私。

 他人の行為であって自分に全く影響がないことに怒りを覚える私がオカシイの
か、真面目に物事を考え過ぎているのか、暗い深みにはまってグルグル頭を悩ま
せています。あ~本当に考え出したらきりがありません。
これらのことを通して「自分の気持ちをコントロールする方法」を学んでいま
す。私にとってのバルセロナの生活は神様が与えてくれた人生の修行の場に違い
ありません。

・・・と思っていないとやっていられないのが正直なところです(笑)
[PR]
by cafeteriario | 2006-04-28 06:35 | RIOのひとり言