かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

かふぇてりあRIO No.13「今年も宜しくお願いします」

a0048817_21375369.jpg
新年明けましておめでとうございます。
今年も何卒ご愛読いただけますようお願い申し上げます。

さていよいよ2006年。
気持ちも新たに何事も前向きに頑張っていこうと思っています。

みなさんは具体的な目標を立てますか?
ズバリ!私はたてません。
昔はよくああしたいこうしたいとか、
ああなりたいとかいろいろ考えました。
でも今は自分で自分にプレッシャーをかけないために
具体的に何をするとは考えないようにしているのです。

これには深い理由があります。

9年前初めてバルセロナに来た時、言葉の問題や
大きなカルチャーショックはもちろんのこと
私はこともあろうに
「何もかもスペイン人のように振舞わなければいけない」
という錯覚に陥ってしまいました。

インダ君に会える喜びと共に楽しい気分でウキウキと
バルセロナにやって来たのに実際の生活は楽しいものではなかった。
大好きな人がスペイン人だから私も彼らと同じように
自分の意見をはっきり主張したり、たくさんお喋りしたい!と
強く願ってしまった。

強く願う分それに反比例して自分の意見なんか
持っていないことに気がつき、
スペイン語ができないからどんどん口数が減っていき、
そして益々内気になっていってしまった。

そしてもっと馬鹿な私はスペイン人女性のナイスボディを見て
体型のコンプレックスまでも持つようになっていた。

いろいろな妄想も働いて私の頭の中はいつのまにか
「ああなりたい」「こうなりたい」病にかかっていた。
理想ばかり描いてそれに近づかない自分を責めて傷ついた。

(大きな胸やカタチの良いお尻を手に入れたいなんて願いは
叶うわけがない!)

自分に自分でプレッシャーをかけてとても苦しんでいた。
でもその当時は願うことで実現すると信じた。
いや、そう信じていたかった。

そんな時インダ君ははっきりと私に断言していた。
「自分は自分。ああなりたいこうなりたいなんて絶対無理
人間変わることは殆ど無理だよ。今の現実をまずは受け入れないと」

彼はとても現実的なタイプ。甘いことは考えない。
白黒はっきりしているし夢みがちなちゃらんぽらんな私とは正反対。

私は彼に反発した。

「絶対変われるもん!変わってみせる!」
「夢や希望を描かないなんて冷めているよ!理想を描いて何が悪いの!」

結論からするとやっぱり理想通りの自分になることは無理だった。
その当時インダ君が私に伝えたかったことを私は全く理解していなかったし
自分の惨めな現実を受け入れたくなかった。
そうやってどんどんストレスまみれになり体調も崩した。

こういう背景があるため「これを絶対やる!」などの具体的なことは考えな
い。
実現できなかった時に落ち込みたくないしプレッシャーを自分にかけたくな
い。
トラウマがあるのは事実だし、それに何よりも人生を気楽に楽しみたい 
(笑)

時間はかかったけれど少しずつ自分の現実を受け入れることができている。
受け入れることができた時から気持ちが楽になり日常を楽しめるようになっ
た。

外国暮らしをするとてっきり外国人かぶれになるのかとばかり
思っていたけれど、住んでいる所がバルセロナなだけで
私の中身は100%日本人。
「スペイン人みたいにならないといけない」なんて
どうして勘違いしたんだろう?
今となってはそれが不思議。
心に余裕がなかったからか?

こういう理由で目標は立てないけれど、いつも確認することが2つあります。

1.健康第一であること。
2.家族や友達をはじめ私を支えてくれている人達の存在を感謝し
大切にすること。彼らの存在があっての自分という存在が成り立つ。

さてさて余談ですが、身近に細かく目標を立てる人がいます。
それはインダ君のお兄さん(37歳独身 映画や音楽が大好き)
毎年をやりたいことや目標をリストアップして、それが後で
達成されていないと頭を抱えてため息をついています。
それもかなり深いため息。

今年もすでに大きな声でいろいろ家族にアピールしています。
私やインダ君は「べつにそんなこと大きな声で言わなくてもいいのに」と
お互い心の中でつぶやいていました。

お兄さんのリストは今年の年末にどうなっているかな?
ため息が昨年のそれよりも小さくなっているといいけれど・・・

今年もみなさんが明るい笑顔で過ごせますようにと
バルセロナから願っています。

ついでにサッカーとバイクの世界選手権の益々の発展も願ってみましょう。

今年も宜しくお願いします。

*写真は新年を迎えるときに食べる12個の葡萄です。

鐘の音に合わせて食べるけれどこれが難しい。私は毎年口の中葡萄でいっぱいになって新年を迎えています。1秒ごとに1個葡萄を食べるのは噛み切れないし、飲み込む時間がないし、なかなか大変です。葡萄の後はシャンパンで乾杯!

各テレビ局が鐘のある場所(マドリッドのPUERTA DE SOLが一番有名です)で生中継するので、一般家庭では家族揃ってテレビの前で葡萄を食べます。
[PR]
by cafeteriario | 2006-01-08 21:40 | 気ままな日常