かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

かふぇてりあRIO No.10 「1年に何回するか?」

最近は美容室に行ったり、カタラン語クラスに通ったりで、
普段と違う地下鉄のラインに乗る機会が重なった。

2週間の間に3度も故障で運行を休止している場面に出くわした。
雨女ならず「地下鉄故障遭遇女」になってしまった。

すぐ復旧するけれど、その後の電車の中は大混雑。
久しぶりにOL時代(大昔)の通勤ラッシュを思い出した。
普段のちょっとした出来事で日本の生活を思い出しては
しみじみしている。

話題が180度変わるけれど、ある日の新聞にとても興味深い記事が
載っていたのでそれについて書きたい。

なんと!各国のセックス年間平均頻度の統計結果がでていた。
どこまで信憑性があるかは疑問が残るけれど、記事の内容は面白かった。

ギリシャ 138回
フランス 120回
スペイン 105回 (昨年は110回)
日本    45回
世界平均 103回

ギリシャが世界1位。そしてこんなところに日本が登場していた。
スペインの数字と比較するために、遠い国日本の数字が掲載されていたと思う。

2005年は52週ある。この結果によれば日本の45回は週に1度を下回る。
スペインは週2回というところ。

もっと興味深かったのは、職場の上司とのセックスを想像したことがある人
16%(スペインの結果)というアンケート結果も番外編で載っていた。
他にもいろいろ面白い結果があったが、ちょっとここには書けない (汗)

でもこのアンケートどのような形でいつ行なわれたのだろう。
アンケートの収集方法は書かれていなかった。

この記事をみつけた朝はさっそく会社でスペイン人の同僚達に見せた。

「上司とのファンタジーを想像するなんて考えられない」
とみんな口を揃えて言っていた。これには同意できる。
(うちの会社はどこをどう見てもアピールある人いないもんな)

「RIOは日本人。旦那さんはスペイン人。それでどうなのよぉ???」
と直球ストレートで聞かれてしまった。

(こんな話をコラムの話題して失敗だったかな!?と思いつつ・・・)

「そんなの105と45の差があるんだから・・・う~んわからん」と
笑ってごまかした。

自分で書くもの変だけれど、私は基本的にこのての話は苦手。
でもついつい同僚達のあっけらかんとした、明るい雰囲気に入ると
さらっと同じノリで冗談言ったりしてしまう。
彼らがとても自然体で話をしているからだろう。

3年もの間にかなり鍛えられた。スラングだってたくさん覚えた。
誤解のないように付け加えると、耳で覚えただけでそんな高度な!?スペイン語
は使ったりはしない。悪しからず!

いろいろな話題を冗談を交えながら話すことができるからとても楽しい。

この日の朝は、頭の切り替えが難しくてなかなか仕事に集中できなかった。
すれ違う度に「それでどうなのよぉ?」ってわざと言ってくる人もいて1日笑っ
て過ごすことができた。

もちろんスペイン人の中でもシャイな人はいるし、このたぐいの
話題を避ける人もいるはず。
たまたま私の周りは自然体の人が多いだけのことかもしれない。

スペイン語や英語ではセックスすることをメイクラブと表現する。
「ラブをメイクする」というこの表現も自然体で素敵だと思う。
(注意書)スペイン語 hacer amor (アセール アモール)

日々、背中がぞっとするような性的な事件が多いことも事実であるけれどその行
為はまさに愛を相手に伝える手段であって、とてもロマンチックな行為。

私は、この日の新聞記事から想像がいろいろ広がって、行き着いたところが
「愛情を表現する行為」について。
愛情を伝える手段は何もメイクラブに限らないし、十人十色であるから、
年間45回なんて書かれた私達日本人でも愛情を伝える手段というアンケートを
したらきっといろいろな手段が並ぶだろう。
ファンタジーを想像する部門では一気に数字があがることは間違いない。(笑)

大切なことは、どんな行為にしろその瞬間の気持ちが重要だと思う。
その瞬間二人が幸せであればなんでもいいじゃないかなぁ。

ミャンマーに行って以来、壮大なテーマ「幸せとは何か?」を時々考えている
私はまた愛や幸せについて深く考えた日だった。


[PR]
by cafeteriario | 2005-11-24 03:51 | 気ままな日常