かふぇてりあRIO ~バルセロナ生活コラム~

bcnrio.exblog.jp
ブログトップ

かふぇてりあRIO No.2 「バルセロナまだ暑い」

こちらはここ数日暑い日が続いています。
おかげで日本から持ってきている “マイ扇子” が大活躍。
それもそのはずなんと会社の冷房が6月に故障してから9月に入った今も故障中。

信じられない!

なんでも部品の取り寄せに時間がかかるとかで・・・

本当???直す気あんの???

と声を大にして言いたいけれど、余計なことは言わず扇子でパタパタ仕事しています。
あ~蒸し暑い(汗)

さすがにこう暑いと海に行って水にドボンと浸かりたくなります。
そういえば今年はまだ6月25日(土)に1度だけしか海に行っていません。

あ~忘れもしないあの日。オランダでMOTO GP(バイクの世界選手権)が行われていた。
私は不覚にも海へ行く予定を入れてしまいレースを見逃した日。
決勝が土曜日開催だと知らなかっただけのイージーミス。(自分が悪い!)
偶然入ったバルのテレビでレースをちらっと見て、ランチで入ったメキシコレストランにもテレビがあった。「バイクのレースにチャンネルを変えて下さい」と友達がお願いしたけれど、あっさり「変えられない」の一言で却下。
まったくメキシコ人はわかっていないなぁ・・・(八当たり)
この思い出深い日にシッチェスの海へ行った。

私は普段海に行かなくてもぜんぜん平気だけれどうちの夫インダ君は
「ぜんぜん焼いていないなぁ」
「海行っていないなぁ」と頻繁にぼやいています。かわいそうに。
きっと「夏=海」「夏は日焼けする」という習慣が小さい頃から体に染み付いているのでしょうね。
彼曰く、若い頃は昼間海で日焼けして夜は日焼けした小麦色の肌に合う白いシャツを着て
ディスコへGO。浴びるようにお酒を飲んで、そしてナンパ!ナンパ!ビバ・ナンパ!
毎週末朝帰りしていたというからかなり典型的なスペイン人。
白いシャツ着てご機嫌で出かけていたことを想像するとなんだか微笑ましく思える。

日焼けに関していうと私はやっぱり美白の国からやって来た日本人。
「日焼け=お肌の敵」という認識が根強いためほどほどにしています。
強い陽射しが私には眩しすぎるし、元々強烈な乾燥肌でトラブルが多いせいもあるから
どうしても神経質になってしまう。

そこで登場するのが私の強い味方!日本製のSPF120の日焼け止めクリーム。
これはみんなにギョッと驚かれる代物で「120なんて数字存在するの?」
とかなりインパクトが強い。
驚かれるというよりは「そんなもの海に持ってくるの?」と冷やかな視線を飛ばされると言った方が適切かもしれない。
インダ君が「見て見て」ってみんなに私のクリームを見せるから私はなんだか嫌になる。
別に恥ずかしいことでもなんでもないのに見世物になっているようで少し居心地が悪くなる。
「RIOまた変なもの持っているよぉ~」って思われるだけだもの。
でもみんなが驚くのは当然。売り場でチェックしてみると最高で50、10~30くらいが主流だった。

私は「日焼け=お肌の敵」と強く思っているから、きっと何十年と住んでもスペイン人のよう日焼けを楽しむことはないと思います。でも愛用のクリームをしっかり塗って一緒に海で楽しむことはできます。まだ今年もチャンスを見つけて海に行きたいです。

注)スペインではMOTO GPは人気のあるスポーツ。活躍しているカタラン人ライダーは多数。
250クラスではダニ・ペドロサ、MOTO GPクラスではセテ・ジベルナウが際立って活躍している。
[PR]
by cafeteriario | 2005-09-04 21:49 | 気ままな日常